blog

新着情報&ブログ

2006年1月22日

ブログ

住宅瑕疵担保履行法は大丈夫?

住宅保証の情報記事で気になる事が書かれていました。
10月1日以降に引き渡しをする新築住宅から資力確保が義務付けされます。
工期が通常4か月掛かる住宅では、6月の段階で瑕疵担保責任保険に加入していなければなりません。
これは、瑕疵担保責任保険の工程検査が基礎配筋の段階である為です。
ところが、国土交通省が義務化対象物件(新築住宅)に対する6月の保険加入率は5から6割程度とみているそうです。
供託を選択すると予想される大手住宅会社の物件を除いても2から3割程度が保険未加入。
実に6月の保険未加入物件数は1から2万戸!という事になります。
6月に着工した方又は10月1日前後以降に引き渡しを受ける方は、もう一度、住宅会社にあなたの住宅が瑕疵担保責任保険に加入しているか?確認する必要があるかもしれません。
このまま、未加入だとどうなるか?
10月1日以降は、新築住宅としては引き渡しを受けれなくなります。
住宅が完成しても住む事が出来ず、住宅ローンを払い続ける生活になってしまうかも?
もっとも、この段階で住宅瑕疵担保履行法が分かっていない住宅会社が問題なのですが・・。

お問い合わせはこちら!

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop