blog

新着情報&ブログ

2006年1月22日

ブログ

今日も打合せが続きました

今日も打合せと現場の一日。
朝一番から、大洞のお客様にファーストプランの提出です。
最初に設計図書を説明して、お客様との希望と設計時での変更点も併せて、一枚一枚設計図書を説明しました。
次は、今回の資金計画書の説明をしてから、その根拠となる見積書も説明します。
見積書は、各工事毎に内容を説明して、定価表示のある商品はその定価と実際の見積額の違いも明記している事も説明します。
見積している設備機器(システムキッチン・カップボード・システムバス・洗面化粧台)の仕様も説明します。
最後に、今回のファーストプランに対しての質問・希望を聞いて、御家族で御検討して頂くようにお願いして終了です。
住宅の計画は御家族の同意で進めていかなくてはいけません。
じっくりと検討して頂く必要があります。
ファーストプラン提出後は、現場へ出発。
現場では、内部の造作工事の真最中です。
2階の造作工事が進んでいるので、自分は1階部の最終の断熱材の気密作業の点検をしていました。
発砲ウレタンのカートリッジを持って、気になる箇所をもう一度注入。
点検作業にやり過ぎはありません。
現場点検後、再び事務所に戻って業者さんと現場作業打合せ。
今日は土工事・基礎業者さんと給排水業者さん、建材業者さんです。
現在の各現場の進行状況を報告して作業の指示。
次の現場の設計図書を渡して工事の内容を打合せして工事日程・段取り・予算を確認
更に計画中の住宅の構造部(今回は高基礎工事部)の打合せです。
基礎の場合、地盤の高さより基礎底盤部(スラブ)の上面を下げる事は避けなくてはいけません。
基礎スラブの上面が地盤の高さに対して上げる事によって、雨水等の水の基礎への浸入を防ぎます。
基礎スラブを地盤高さより下げる場合(地下室のような構造と考えてください)、十分な止水工事の必要性があり漏水のリスクもあるので、本来は必要がなければ避けるべきだと思います。
構造計画、それに掛かるコストの面も打合せをして、これで、住宅計画に掛かる事が出来ます。

お問い合わせはこちら!

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop