blog

新着情報&ブログ

2018年6月7日

ブログ

雨上がりと共に蒸暑い日に/良い新築住宅をローコスト化する

一昨晩から降り続けていた雨は、朝方には止んで・・・今日は予想よりも早いお天気の回復となりました。

雨上がりと共に気温以上に湿度が上がって蒸暑い!気候の日に。

緑に囲まれた岐阜県美濃加茂市内の自由設計の平屋建て注文住宅の家造りの現場から今日の家造りの活動のスタートです。

青空が持った家造りの現場内、施工が完了した床ステージの上の養生シートが今朝までの雨から住宅を大切に守ってくれています。

今日は、上棟工事の準備の工事工程として、上棟工事前半に必要となる住宅躯体木材のプレカット資材の搬入作業です。

平屋建て新築住宅の上棟前半のプレカット資材として、柱から梁・桁材の住宅躯体部材と小屋組の小屋束・母屋材等の木材が敷地内に運ばれ、上棟工事の順番に合わせるように搬入されました。

幸せ家造り工房の新築住宅の仕様となる乾燥材であるプレカット資材は、それぞれの部材種事にビニルシートで保護の養生がされていますが、その上に更にブルーシートで覆って大切保護の養生がされました。

プレカット資材の搬入に立ち会った設計監理者の幸せ家造り工房は、その後に養生の点検と補強作業を実施して、次の住宅工事の工程に備えました。

幸せ家造り工房の設計監理者としての活動は、岐阜県羽島市内の新築住宅工事の家造りの現場へ。

時間と共に蒸暑さも、更に増してきました。

今日も家造りの現場に到着と同時に家造りの現場の敷地内を、住宅の外周を廻るようにグルグルと清掃と施工状況の検査の作業を実施。

こういった毎日の家造りの活動は、一般的な工務店・ハウスメーカーさんの建築現場においては、建物の設計者である建築士/建築家が毎日のように設計監理業務や清掃活動をする事はありえないのですが、幸せ家造り工房の家造りのみ、一級建築としての責任感から実施しているお客様御家族の良い家造りを実現する為の活動で特別な事です。

美濃加茂市内の家造りの現場、羽島市内の家造りの現場と、蒸暑い屋外での設計監理業務が続いて、WB HOUSEのカラッとした湿気の少ない涼しい住宅内で、暫し、施工状況の点検をしながら涼んでから・・・・。

岐阜県揖斐郡池田町地内の平屋建てデザイナーズハウス新築の家造りの現場に到着。

途中、各家造りの現場の敷地内に設置してる産廃カゴの状況を確認して、産廃業者さんへの産廃収集の連絡もしています。

今日も涼しいWB工法の住宅内では、WB工法の仕様となる透湿クロスによる内装仕上げ工事が進んでいます。

内装仕上げは、住宅内の収納部の各所も実施されています。

写真は、玄関土間収納部と玄関クローク部分の仕上げ工事状況。

浴室に接する脱衣所の稼働棚の部分。

洗面/ランドリィースペースも兼ねたミセスコーナーの透湿クロスの施工状況。

工務店さん、ハウスメーカーさんの家造りの場では、収納部分の仕上げ工事の仕様は大きく違うケースが多々あります。

プラスターボードの施工のままで、内装仕上げはオプション扱いとしたり、ベニヤ材張りで仕上げとする新築住宅があったり・・・。

幸せ家造り工房の新築住宅の場では、住宅の収納部も住宅の居室スペースと同等であると考え、WB工法の透湿/除湿効果や臭いをとる効果が十分に発揮出来るように居室空間と同じ仕様での工事を実施しています。

この収納スペース空間の工事にもこだわる事によって、お客様御家族の大切な荷物・衣類が長期にわたって大切に保存が出来る効果が得られます。

***

〇家造りの活動ブログの最後に幸せ家造り工房についてご紹介します!

“長く安心して過ごせる”新築住宅を誰もがみんなが建てられるように、高耐震メタル工法/WB HOUSE/無垢材等の贅沢な仕様の自由設計の注文住宅で、環境性も配慮したローコスト住宅として実現する設計・施工・監理を岐阜でしています。

ローコスト住宅で新築住宅を建てる場合、住宅の性能をおとして、住宅の資材・品質を安いモノにして、工事をする職人さんを技術の未熟な低賃金の職人さんを使うのが、工務店の利益をおとす事のないローコスト住宅での新築住宅の方法でしょう。

でも、これでは、お客様御家族の為を考えた良い家づくりとは言えません。

では、より良い新築住宅をローコスト住宅で実現する方法とは?

現在の住宅に求められる性能のトップクラスの性能の住宅を無垢材を贅沢に使って、高い技術の職人さんによる自由設計の注文住宅として新築住宅を建てている幸せ家造り工房の家づくりの方法だからこそ出来る家づくりの方法を公開しています。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop