blog

新着情報&ブログ

2018年6月4日

ブログ

次の住宅工事工程の準備完了/高耐震と省エネの土台伏せ工事の2日目

週が明けて、6月としては非常に暑い夏日の一日でした。

今日も熱中症対策を万全にお客様御家族の為の家造りの活動の開始です。

岐阜県羽島市内の平屋建て新築住宅の家造りの現場。

新築住宅工事としての次の工事工程となる外部足場の解体・撤去工事にむけての作業です。

平屋建て住宅の特徴となるツインルーフの形状の屋根の棟部を包み込む屋根の最後の工事工程が完了。

外装部では、電気設備工事業者さんによって住宅外装部の電気配線・設備工事も実施されています。

屋根の軒先部には、雨樋の施工も完了しました。

これで、次の住宅工事の工事工程となる外部足場解体工事の準備が完了です。

土台伏せ工事が実施されている岐阜県美濃加茂市内の平屋建て注文住宅の家造りの現場です。

強くて安全な高耐震住宅を実現する高耐震メタル工法の造りとして、土台と大引によって三尺マスの床組の構造体が出来上がりました。

外周部の土台には、トップクラスの省エネ性能を実現するWBHOUSE(WB工法)換気装置のバリアヘルスが施工されて、気密処理がされています。

高耐震メタル工法の構造計算で高耐震工法としてN値が大きくなる箇所に使用されるHDP。

一般の木造住宅のホールダウン金物にあたる構造部材です。

HDPは、柱の中に納まる構造となる為、柱のホールダウン金物による断面欠損を無くし、断熱材を隙間なく充填出来る特徴を持った構造部材です。

HDPの両脇にみえるのが、WBHOUSE(WB工法)のバリアヘルスの換気孔部分です。

土台伏せの工事は、WBHOUSE(WB工法)の工事工程へ。

三尺マスに構成された土台と大引の間にWB工法の仕様の断熱材がその上に施工される床パネル間の通気層が設けれるように施工されました。

WBHOUSE(WB工法)では、基礎の断熱材と共に床下の断熱材によって、その季節による役割を担う構造となっています。

床下の断熱材の施工が完了すれば、新築住宅の工事工程の土台伏せの工事から次の工事工程への準備が完了した事になります。

次の工事工程は、高耐震メタル工法の高い床剛性を実現する為の床パネルの工事工程です。

幸せ家造り工房のお客様御家族の家造りに携わる建築士としての設計監理業務は、岐阜県揖斐郡池田町地内の自由設計の注文住宅の家造りの現場へ。

熱中症対策の必要な暑い夏日の屋外から、WBHOUSE(WB工法)の住宅の涼しい屋内での設計監理業務です。

平屋建て新築住宅の工事工程は、内装仕上げの工事工程が始まりました。

メインとなる住宅の内装仕上げは、WBHOUSE(WB工法)の仕様となる透湿クロスとなります。

今日は、内装仕上げの施工の為の下地調整の工事工程の実施です。

下地調整が完了すれば、住宅工事の次の工事工程の準備が完了。

内装仕上げの工事が始まります。

***

〇幸せ家造り工房の毎日の家造りの活動のブログ読者の皆様に!

いつも幸せ家造り工房の毎日の家造りの活動のブログを読んでいただきありがとうございます。

私たち幸せ家造り工房と家造りの仲間達は、岐阜市を中心に一戸建て住宅、自由設計の注文住宅、新築住宅等、家族みんなが安心して快適に暮らせるような家づくりをしています。高耐震住宅/WB HOUSE/

ローコスト住宅等にご興味のある方は、岐阜の幸せ家造り工房にご相談下さい。

一級建築士として数多くの建築に携わった経験と知識で、あなたと家族みんなの幸せになる家づくりの方法を工務店/ハウスメーカーという枠を超えた成功する家づくりの方法を御案内いたします。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop