blog

新着情報&ブログ

2018年5月19日

ブログ

強風の家造りの現場/100年住宅の為の家づくり

今日は朝から強い風が吹いています。

岐阜地方は、強風注意報の5月の土曜日となりました。

強い風が吹くなか、岐阜県羽島市内の家造りの現場では新築住宅の外装工事の為の外部足場の点検と補強作業に昇っての現場管理からです。

平屋建て住宅で高い外部足場ではないとはいえ、新築住宅の工事中の安全管理は必修です。

住宅内では、大工さんが小屋裏内の点検用の昇降梯子を設置する工事を進めています。

これからの何十年と続くお客様御家族の生活の為に、住宅のメンテナンス性能を充実する事は大切な事です。

日頃の住宅のメンテナンスや点検の為に、容易に住宅の天井裏の小屋裏内や床下となる基礎内に人がが入れる設備を設ける家造りは、100年住宅を実現するうえで不可欠な新築住宅の工事です。

岐阜県揖斐郡池田町地内の家造りの現場は、岐阜の西濃地域という特性の為に更に強い風が吹いています。

強い風の吹くなか、今日も家造りの現場には、お客様御家族と家造りの仲間の姿がありました。

今日もお客様御家族と一緒の実際に工事の進む家造りの現場内での現場打合せの実施です。

新築住宅の工事が進む屋外では、敷地内の外構工事・お庭の工事の為の打合せ。

大工さんによる造作工事の進む住宅内では、今日は、電気照明設備機器の仕様の打合せが実施されました。

今日の現場打合せで、また一歩、お客様御家族の想いが実現する家造りに近づきました。

***

〇毎日の家づくりブログの最後に幸せ家造り工房についてご紹介します!
“住む人・その御家族みんなが、長く安心して暮らせる”家づくりが実現するために。

現在の住宅事情では、新築住宅をせっかく建てても住宅ローンが完済する頃には、その住宅の寿命がきてしまう・・・というお話が普通の事にように言われているのが実情です。

工務店側の利益優先をする住宅工事では、住宅自体の耐久性、維持するメンテナンス性を後回しにしてしまう家づくりのケースが多々ある為です。

岐阜の幸せ家造り工房が推奨するWBHOUSE(WB工法)による新築住宅の住宅工事では、呼吸する住宅の特性において住宅の省エネ性能ばかりでなく、住宅の長期の耐久性を実現する事が出来ます。

また、新築住宅の設計時に住宅の性能を維持する為の点検・メンテナンスを容易にする設計をしています。

家族みんなが、長く安心して暮らせる住宅を、そのお子様、次のお孫さんの世代でも、ずっと継続して暮らせる100年住宅を目指す自由設計の新築注文住宅の家づくりの活動を実践しています。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop