blog

新着情報&ブログ

2018年5月12日

ブログ

岐阜の麦畑の広がる季節に/新築住宅は躯体の換気が大切

5月も第二週の土曜日を迎えて、気候もようやく例年並み?に感じるようになってきました。

家造りの現場の傍らに広がる麦畑も緑色の麦畑もあれば、既に黄金色に変わった麦畑もあります。

数日までの冷気で農業の収穫に影響がでているのではないかと心配されていますが、家造りの現場周辺の麦畑の小麦の穂はしっかりと大きく実っているようです。

あと少しで収穫の季節になるのでしょう。

黄金色の麦畑が広がる季節を迎える家造りの現場の活動です。

岐阜県揖斐郡池田町地内の家造りの現場は、外部足場を使用する高所作業の工事工程が完了です。

外壁部に設置される電気設備、換気システムのフード部材も施工が完了。

WB HOUSE(WB工法)の小屋裏換気の第一通気層の換気孔部の換気フードの施工も完了しました。

平屋建て住宅のデザイナーズハウスの形状となる住宅での幸せ家造り工房の家造りの特徴となるオリジナル設計の小屋裏換気のシステムの工事です。

外部足場を使用する高所作業の工事工程は完了して、来週の週明けには待ちに待った外部足場の撤去工事が待っています。

一方の住宅内では、デザイナーズハウスとしてのWB HOUSE(WB工法)の住宅の幸せ家造り工房のオリジナル設計の小屋裏換気部の第一通気層と第二通気層の両方の換気部分を点検・メンテナンスが容易に実施出来る為の小屋裏に昇る収納梯子の設置工事も実施されています。

トップクラスの住宅性能を維持管理する家造りも大切です。

外部足場を使用する高所作業となる外装工事が始まっている岐阜県羽島市内の家造りの現場。

外装工事は、屋根の軒裏部分の施工が完了しています。

WB HOUSE(WB工法)の第一通気層となる外壁通気層からの空気が軒裏部に流れて、外部に放出するプロセスが実現出来る工事となっています。

軒裏部の換気設備は、小屋裏換気の方程式の計算によって必要な換気孔面積以上としなくてはいけませんが、こういった正しい換気計算を根拠に施工されているがを疑問に持つ住宅を見掛ける事が非常に多い為、アナタにとっての良い家造りを実現する為にこういった住宅躯体部に必要とされる換気計算が実施されているか?を必ず確認するべき部分です。

住宅躯体部分の換気は、住宅の呼吸です。

住宅の呼吸を十分に実現する事によって、住宅の長寿命化が実現される事になります。

せっかく建てた新築住宅が住宅ローンが終わる頃には躯体結露でボロボロになっているか?

100年住んでも性能が変わらず維持出来て安全に暮らせる住宅であるか?という事です。

住宅内の工事は、無垢材のフローリングの施工が完全なバリアフリー空間として、対面キッチン部分からリビング空間へと進んでいます。

岐阜県美濃加茂市内の家造りの現場では、敷地内の土木工事です。

施工された基礎を中心に敷地内を設計GL(地盤高さ)となるように盛土・整地作業が実施されています。

お客様御家族の御希望に沿って、盛土・整地をする土の種類も場所によって変えていきます。

家造りの現場の敷地となる地盤を造りあげる造成工事の最後の工事工程にもなる作業です。

この造成工事も作業も土木工事の資格となる土木施工管理士の資格を持つ幸せ家造り工房自身が責任者として設計の段階から工事の進行を管理しています。

***

〇毎日の家造りの活動のブログの最後に幸せ家造り工房についてご紹介します!

家造りとは、その住宅に暮らす家族みんなの為のものであって、それに関わる工務店・ハウスメーカーの利益の為のものであってはならない。

岐阜で家造りの活動をする幸せ家造り工房の基本理念です。

その住宅に暮らす家族みんなの為の家造りとは?

家族みんなの命と心と健康を守る家造りである事。

家造りをする事によって、より豊かな生活が出来て、日々の生活に追われる事になってはならない。

その為に、省エネ等級4、耐震等級3が標準で出来る新築一戸建て住宅/自由設計の注文住宅での家造りを、より豊かな生活が実現出来るように、建てる時も住んでからもローコストと出来るように住宅原価をそのまま御提供出来る一般の工務店・ハウスメーカーにはない家造りのシステムを実現しています。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop