blog

新着情報&ブログ

2018年5月5日

ブログ

2018年のこどもの日/新築住宅の正しい資金計画の方法

今日は、2018年の「こどもの日」。

ニュースでもあったのですが、IT機器を日常触っていると和暦よりも西暦での表記に馴染んでしまいます。

和暦になおすと・・・今日は何年だったけ?となっていまいます。

曇り空での絵となってしまっていますが、岐阜・愛知・三重の東海圏の今年は、お天気に恵まれたゴールデンウィークです。

今日は、各地で鯉のぼりが元気に泳いでいます。

2018年の「こども日」の家造りの活動です。

羽島市内の家造りの現場は、今日は家造りの仲間達もお休み。

幸せ家造り工房が、家造りの現場内の点検と見廻りの管理業務です。

こちらも家造りの仲間はお休みとなっている揖斐郡池田町地内の家造りの現場。

家造りの現場内での点検と見廻りの管理業務と共に設計監理者としての活動です。

家造りの現場にお客様御家族がみえての現場打合せの実施です。

今日は陽射しの強いお天気です。

最初に閉め切っていた住宅の玄関の扉を開けて住宅内の環境を体感して頂きました。

ヒンヤリとした涼しい空気が出迎えてくれます。

WBHOUSE(WB工法)の効果は、住宅工事中にでも既に発揮してくれています。

涼しい住環境の中、今日のお客様御家族と一緒の現場打合せの開始です。

今日の現場打合せの主たるテーマは住宅内装仕上げの仕様の打合せです。

内装仕上げの打合せ後は、照明器具の工事の為の打合せと続きます。

幸せ家造り工房の家造りでは、住宅工事中にお客様御家族を入れないブラックボックス化する家造りは良しとせずに、お客様御家族が家造りに率先して参加して体感して頂く家造りを大切にしています。

お客様御家族と一緒の家造りの活動は、まだまだこれからも続いていきます。

***

〇毎日更新の家造りブログを読まれている皆様だけに・・・
幸せ家造り工房の家族みんなが幸せになる家造りの為の新築講座をご案内します。

いざ家造り!といっても、何よりも最初にクリアーしなくてはいけないのが家造りの為の資金計画。

家造りの資金計画では、切っても切れないのが住宅取得の為の住宅ローンの計画です。

家造りの資金計画を考える場合は、二つの方法があります。

土地代いくら、家の費用いくら、・・・という順番に足して合計していく足し算方式の資金計画。

住宅営業の世界では、この足し算方法が主に使用されて、この合計金額になりますから住宅ローンはこれだけ借りなくてはいけないと誘導される事になります。

でもこれは、アナタ方御家族にとっての成功する家造りではやってはいけない方法かもしれません。

幸せ家造り工房がお薦めする方法は、もう一つの方法、引き算方式。

最初に現在の生活水準を絶対に保てる事を念頭にいれた住宅取得の為の資金を決定して、それから必要な費用を引いていき残った費用が住宅工事にかけてよい費用とする方法。

この方法では、絶対に無理な住宅ローンの計画はする事がありません。

人生で一番高い買い物が住宅ローンであるという格言が住宅業界ではあります。

岐阜で家造りをお考えの方は幸せ家造り工房にまずはご相談下さい。

幸せ家造り工房の成功する家造りのキーワードは・・・。

「工務店」「設計事務所」「ローコスト住宅」「狭小土地での住宅」「WBHOUSE」「平屋建て住宅」「ガレージハウス」「高耐震住宅」「省エネ住宅」「健康住宅」「子育て住宅」「高齢者対応住宅」「地震に強い家」「心と身体に優しい家造り」耐震等級3」「エネ等級4」「建てる時も住んでからもローコストな家造り」「岐阜」「注文住宅」「新築住宅」「一戸建て住宅」「建築」・・・

そして「正しい住宅ローンの方法」です。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop