blog

新着情報&ブログ

2018年4月30日

ブログ

4月最終日/家族が幸せに暮らせる岐阜の新築住宅・注文住宅

今日で4月も終わり。

4月最後の岐阜の家造りの現場での活動です。

岐阜県羽島市内の家造りの現場。

住宅工事の工事工程は、WB HOUSE(WB工法)の第一通気層となる工事工程の状況。

屋根の軒天下地組が完了して、外壁通気層と軒天通気層間の空気の流れが出来上がる構造が完成しています。

岐阜県美濃加茂市内の家造りの現場では、基礎型枠組工事が完了しました。

WB HOUSE(WB工法)の仕様として床下の季節によって役割の変わる二重の断熱材の一つの基礎断熱材も型枠内に設置されています。

続いて基礎工事は、基礎アンカーボルトの設置工事。

幸せ家造り工房の家造りでは、必ず、基礎コンクリート打設前に基礎の型枠に固定するようにして基礎のアンカーボルトの設置工事を実施します。

通称「田植え」というコンクリート打設時にアンカーボルトを差し込む工法は正確な工事が実現出来ない為に絶対に認めていません。

アンカーボルトの設置工事は、正確な工事に規する為に測量機器のトランシットで角度と距離・寸法をレベラーで水平高さを測定しながら工事が進められます。

基礎のアンカーボルトの設置工事が完了したら幸せ家造り工房の出番。

家造りの現場の設計監理者の責任として、基礎の設計図を片手に基礎アンカーボルトの検査です。

基礎の設計図と実際の基礎の状況を照合しながら、基礎アンカーボルトの一本一本の施工状況を検査していきました。

岐阜県揖斐郡池田町地内の家造りの現場に到着。

この平屋建て住宅の特徴となるダイニングキッチンとリビング・畳コーナーの一体となった広い居室空間の高い吹抜け天井の形が出来上がっています。

この天井裏部分の空間にもWB HOUSE(WB工法)の第一通気層と第二通気層の空気の流れを実現する工事が成されています。

この工事の方法・構造は、幸せ家造り工房が考え、設計し、家造りの仲間が造り上げたもの。

こういった住宅の省エネ・健康・長寿命化の性能を実現する工事の方法・構造を考え・工事を実現するのも一級建築士としての知識・経験による幸せ家造り工房の設計監理者の仕事です。

***

〇ブログの最後に幸せ家造り工房の家造りの活動をご紹介します。
誰もが「長く安心して過ごせて、家族みんなが幸せい暮らせる」注文住宅/新築住宅を実現する為に!

家族みんなの命と安全を守る高耐震住宅の高耐震メタル工法の家造り。

トップクラスの省エネ性能と家族が健康に暮らせて、住宅の長寿命化を実現するWB HOUSE(WB工法)の家造り。

家族みんなが幸せに暮らせる家造りとして岐阜の幸せ家造り工房の手掛ける住宅です。

<岐阜><注文住宅><新築住宅><一戸建て住宅><工務店><設計事務所><ローコスト住宅><平屋建て住宅><高耐震住宅><省エネ住宅><健康住宅><子育て住宅><高齢者住宅><心と身体に優しい家造り><地震に強い家><建築>

幸せ家造り工房の家造りのキーワードです。

 

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop