blog

新着情報&ブログ

2018年4月29日

ブログ

新緑の陽の下/岐阜の注文住宅は第一に耐震性

新緑の季節です。

4月最後の日曜日も、眩しい陽射しの青空が広がっています。

長いゴールウィーク中の家造りの現場では、住宅工事の活動をする人と暦通りに大型連休をとる人に分かれる事になります。

これは、どのような住宅工事の現場でも同様です。

住宅工事の専門工事に従事する職人さんは、自分の仕事のペース配分もあって、休みをとる日と工事をする日を決めて工事に従事します。

大きな会社組織の社員として従事する人は、その会社の休日に合わせて。

多種の職種の多くの組織の人々が働く住宅工事の現場の実情です。

その為、住宅工事の現場を管理する現場監督さんは、その所属する工務店・住宅会社・ハウスメーカーの規定に合わせて休日をとる事になるので、通常の平日期間でも現場監督不在の住宅工事の現場が当たり前とされてしまっている住宅業界で、更に現場監督不在の期間が増えてしまう期間にもなってしまっています。

幸せ家造り工房の家造りの現場の場合は、お客様御家族の大切な住宅工事の現場が管理者不在という日がないように、設計監理者である幸せ家造り工房自身自ら365日休むことなく、家造りの現場を管理し続けています。

休日の期間の住宅工事の現場では、御近所の御迷惑にならないように配慮した時間帯で、大きな音や振動のたてない作業のみとする事も必修となっているのが住宅工事の現場です。

今日も新緑の陽の下の家造りの現場へ。

幸せ家造り工房は、お客様御家族の大切な住宅の工事の為に、日曜出勤。

家造りの現場の住宅工事の現場管理の業務を続けています。

***

〇ブログを読まれている皆様だけに!
幸せ家造り工房と一緒に幸せになる家造りの新築住宅の家造り講座のお話を聞きませんか?

家族みんなと幸せに過ごす時間を大切に・・・。

そんな思いから住宅の耐震性を追求する高耐震住宅をベースにWB HOUSEでの省エネ性と住む人の健康を考えた住宅などの経験と一級建築士の専門知識による新築住宅・注文住宅での家造りの方法を岐阜で推奨しているのが幸せ家造り工房です。

第一に住宅の耐震性が重要!

地震がきて大切な家族に身に何かあったら?

どんなにお洒落に、どんなに気に入ったキッチン・住宅設備がついても・・・、何にもなりません。

残るは、失敗した家造りの結果の負債と後悔です。

現在の住宅業界では、目先の利益を追求するばかりに、住宅の耐震性を疎かにしているのが、工務店/住宅会社/事業者が多くなってしまっているのが実情です。

住宅とは、家族みんなの大切な命を守る器である。

幸せ家造り工房では、常日頃から、家族みんなの命と健康を守る新築住宅・注文住宅とする家造りを提唱しています。

一級建築士という建設大臣の認める建築物の設計者としての最高クラスの資格を持つ意味は、そういった家造りの活動をしている証の一つともなっています。

幸せ家造り工房の幸せになる家造りの新築住宅の家造り講座では、誰もが簡単にわかる住宅の耐震性の為のお話をさせて頂いています。

岐阜で新築住宅・注文住宅での家造りをお考えの方は幸せ家造り工房にまずはご相談下さい。

 

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop