blog

新着情報&ブログ

2018年4月23日

ブログ

気温が変わった4月の午後/ライフプラン・ライフマネープランを考えて

今日も朝から暑い気候です。

時間の経過とともにグングンと気温が上がって、午前10時をまわる頃には自動車の外気温計は27度の夏日の陽気でした・・・。

が・・・、午後になると照り返していた陽射しが無くなって体感的にも気温が下がるのがわかってきました。

家造りの現場からの移動中の自動車の外気温計も26度、25度・・・、と下がってきました。

これからは、お天気も下り坂となる4月後半の週明け月曜日の家造りの活動です。

揖斐郡池田町地内の家造りの現場。

今日までの青空のお天気にも助けられて、屋外の外壁工事も順調に進行しています。

WB HOUSEの第一通気層となる外壁通気層を確保して、外壁材の施工は、北面から西面、そして南面・・・と工事が進んでいきます。

暑い屋外から、既にWB HOUSEの効果で涼しく感じる事が出来る住宅内へ。

住宅屋内では、大工さんによる造作工事も始まりました。

造作工事の初めは、天井の下地組の工事です。

住宅の外装部を、保護の為のブルーシートで外壁部全体が養生されている状況の羽島市内の家造りの現場。

養生が外されるタイミングは、外壁部の防水工事の工事工程のタイミングです。

高耐震メタル工法の高耐震住宅の為の工事が完了した住宅の内部では、今日からWB HOUSEの仕様の断熱材の工事が始まっています。

既にWB HOUSEの換気装置も作動している状況の住宅内で、この断熱材の施工が完了すれば、揖斐郡池田町地内の家造りの現場の住宅同様に、涼しく過ごせる住環境が出来上がります。

施工された捨てコンクリートの上に水盛遣方となる基礎の施工の為の墨出しがされた後に、今日は基礎の鉄筋組の作業の美濃加茂市内の家造りの現場。

基礎工事が進めば、コンクリートの中になって隠れて見えなくなってしまう基礎の鉄筋ですが、地震に強い高耐震住宅の実現する住宅では、非常に重要な住宅の構造部分となります。

幸せ家造り工房は、お客様御家族の住宅の設計監理者として、基礎鉄筋組の工事を進める基礎業者さんと基礎鉄筋の設計と施工に対する現場打合せとともに、基礎配筋検査の日時の確認もおこないます。

これまでの家造りのブログで気づかれた方も多いでしょうが、じつは現在の幸せ家造り工房の三つの家造りの現場はすべて平屋建て住宅の仕様の住宅での家造りとなっています。

***

〇幸せ家造り工房のブログの最後に幸せ家造り工房についてご紹介します。
“住む人すべての人が心穏やかに安心して生活出来る”新築注文住宅を建てられるように!

高耐震メタル工法(高耐震住宅)・WB HOUSE(省エネ住宅/健康住宅/長寿命住宅)・無垢の材料を贅沢に使った、現在の住宅の最高水準の住宅をローコスト住宅と同価格帯で実現する新築注文住宅を岐阜市を中心に設計/施工/建築をしております。

一般の工務店・住宅会社・設計事務所・ハウスメーカーでの家造りの概念にはない、その家に住む人すべての人のライフプラン/ライフマネープラン/心のケアを考えた新築注文住宅による家造りの方法を岐阜で提案・実践をしています。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop