blog

新着情報&ブログ

2018年4月12日

ブログ

春真っ盛りの木工事の始まり

今日は、春真っ盛りの青空の広がる一日です。

家造りの現場での活動もシャツ一枚でも汗ばむ初夏の到来を思わせる陽気でした。

揖斐郡池田町地内の家造りの現場。

広くて高い天井の吹抜けとなるリビング空間のWB HOUSE(WB工法)の仕様の断熱材の施工の状況です。

外は、暑い気候でも住宅工事の進行によって住宅内は、WB HOUSE(WB工法)の性能で涼しく感じる事が出来るようになっていきます。

この住宅の省エネの為の性能が体感出来るまで、もうすぐです。

こちらも春真っ盛りの青空の下の羽島市内の家造りの現場。

今日から大工さんによる木工事の工事工程が始まろうとしています。

今日は、木工事の最初の工事工程となる土台伏せの準備。

大工さんが、土台伏せに必要なプレカット資材の搬入の荷受け作業をしています。

プレカット資材の搬入が完了して、土台伏せの準備の為の作業。

基礎立上り天端部にWB HOUSE(WB工法)専用の基礎パッキンが敷きつめられて、構造計算上、強い引き抜き強度の荷重が掛かる柱の柱脚となる箇所には、高耐震メタル工法のHDPが施工されました。

基礎立上り天端に土台材とそれに大引き材が仮設置されて今日の土台伏せの事前の準備作業が完了です。

幸せ家造り工房も土台本伏せ前にWB HOUSE(WB工法)の換気装置のバリアヘルスのレイアウトもしておきました。

明日は、土台墨と水平レベルに合わせて土台材の本伏せ作業、気密処理から始まり、床下のWB HOUSE(WB工法)の仕様の断熱材、高耐震メタル工法の床パネルの施工へと進みます。

この家造りの現場のお家も平屋住宅の仕様となる為、床ステージの工事規模は、通常のお家に比べて倍の大きさとなる家造りの現場です。

***

〇ブログの最後に幸せ家造り工房の家造りの活動についてご紹介します!
「長く安心して過ごせる」新築住宅・注文住宅とは?

そこに住む人・御家族の”命と健康と心”を守る新築住宅・注文住宅である事が基本であると幸せ家造り工房は考えています。

現在、岐阜で新築住宅・注文住宅の家造りを手掛ける際、

高耐震メタル工法の命を守る新築住宅・注文住宅である事。

WB HOUSE(WB工法)による健康を守る家造りである事。

そして家族と子育てを考えた住宅設計の思想と住宅の建てる時/住んでからのローコストを実現して豊かな生活をおくれてみんなの心を守る家造りである事。

この三つの命と健康と心を守る新築住宅・注文住宅での家造りを基本概念として一般的な工務店・設計事務所とは一線を引いた家造りの活動を岐阜で実践しています。。

 

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop