blog

新着情報&ブログ

2018年2月7日

ブログ

安心安全の為に

昨日は、福井県での記録的な大雪、夜の台湾東部地震と自然災害のニュースが流れていました。
人というものは勝手なもので、ついつい自然の驚異というものも忘れてしまうようです。
東北震災や熊本の震災も遠くの事にように忘れてしまい、この頃は雪も少なくなってきたと大雪の対策も忘れてしまう。
巷の家造り事情も同様のようで、コスト優先で耐震性をおざなりにしてしまったり、住宅での雪対策の設備もオプション化で設置されていない住宅も多くなってしまっています。
幸せ家造り工房の家造りでは、住宅は大切な御家族の命を守る器であるという事を常日頃から口にして、実践をしています。
耐震等級をトップクラスに実現出来る家造り、雪への備えも標準仕様として、屋根から落ちる雪への配慮もする家造りを常に心がけ提案をしています。
安心安全は神話でなく、実現するものという家造りを常に実践しています。
今日も安心安全を実現する家造りの活動です。

安心安全は、その住宅が建つ地盤から。
造成工事の進む美濃加茂市内の家造りの現場での工事中の管理業務もまた休みなく継続していきます。
養生期間中の境界ブロックの基礎に対して、その上に施工される造成工事用の資材の搬入業務が実施されています。
しっかりと鉄筋組がされたコンクリートの基礎の上に、境界ブロックの施工をする為の準備の工事工程です。
こういった造成工事での土留め擁壁の強さを実現する事もまた安心安全な家造りの為です。
今日も厳しい寒波の続く岐阜県内です。
美濃加茂市内から大野町地内の家造りの現場へむかう行程中の時間帯でも、自動車のナビから道路の凍結注意のメッセージが流れてくる寒さです。
大野町地内の家造りの現場。
住宅の屋根には降雪時の備えとして雪止めが設けられています。
多くの家造りではコスト削減という名目でオプションとして扱われだした住宅設備でも、安全な家造りの為にと必ず標準仕様として設置する事もまた安心安全の為の家造りの由縁です。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop