blog

新着情報&ブログ

2016年4月18日

ブログ

養生中でも

基礎工事の基礎コンクリート打設後の養生中という工事工程の家造りの現場です。

家造り

コンクリート養生という工事期間は基本的に施工業者さんによる活動は限定されています。
その為に養生工事の工事工程の大半は施工業者さんの姿はありません。
そんな施工業者さんが着ていない期間でも幸せ家造り工房の工事管理業務は続きます。
今日も家造りの現場に訪れて、現場の状況確認と同時に基礎業者さんと天端レベラーによる作業から始まり型枠を撤去するタイミング等の打合せです。
家造りの現場での住宅工事の工事工程では施工業者さんが来ない期間の工事工程もあります。
そんな期間でも、家造りの現場の責任者としての監督者は、家造りの現場の管理業務を遂行する事を大切にしなくてはいけません。
施工業者さん任せの現場監督不在の家造りの現場とならない事がお客様御家族の想いを実現する為にも大切な事です。

平屋は贅沢か?

お客様御家族と一緒に家造りのお話をする時に、家造りの計画として2階建て、平屋と、それぞれの家造りの選択肢があります。
多くの方の家造りでは、2階建ての家造りがベストチョイスとして選択されますが、お客様御家族の御希望・想い・家族構成・土地の条件等で平屋の家造りが選択肢にあがるケースもあります。
一般的には、平屋の家造りは贅沢な家造りとされています。
確かに2階建てと平屋での住宅では、同じ延べ床面積であれば、単純に2階建ての住宅に比べて平屋の住宅は基礎の面積と屋根の面積が倍違う事になるので、そのコストの差額が発生します。
しかしながら、同じ居室の大きという条件の場合、2階建ての住宅に比べて平屋の住宅は階段や通路部分の面積が減りますので、延床面積は平屋の住宅の方が小さくなる傾向があります。
家造りの計画でのコストの比較では、延べ床面積当たりでの判断ではなく有効居住面積部分での判断を優先する事もあります。
この判断では、一概に平屋の家造りの方が2階建ての家造りに比べてコストが高くなると言えなくなる家造りの方法が出来ます。
家造りの方法では、平屋での家造りの方法も選択肢にあると覚えておいてください。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop