blog

新着情報&ブログ

2016年4月15日

ブログ

安全な高耐震の為に

昨晩の突然流れた地震のニュースは、衝撃的なニュースでした。
震災の記憶が薄れてきた方にも地震の怖さを思い出させた事でしょう。
家造りの仕事を担う者として、地震のニュースが流れるたびに、現在の正しい家造りの方法の実践に自ら帯を引き締める事と同時に家造りをされる方々に地震に備える家造りの実践を説く事の重要性を考えてしまいます。
幸せ家造り工房は常に日頃から、家造りとはお客様御家族の大切な命を守る器である事を述べています。
でも・・・現実には、現在の住宅業界ではコスト削減と自己の利益優先の姿勢がまかり通って、この大切な住宅の安全性を疎かにしがちとなる傾向があります。
実施には家造りをされる方々にとっては、その住宅の安全性がどれだけの性能であるか?という判断基準がわからないまま家造りを進めてしまっているのが多くの家造りの現場での現状です。
幸せ家造り工房では、家造りの活動で出会う方々に、この住宅の安全性の大切さと判断する方法を最初の出会いの場で述べさせて頂いています。
どこで家造りをされるにしても、決して失敗しないで欲しいという願いからです。

家造り

今日も幸せ家造り工房の家造りの現場での活動は、この大切な住宅の安全性を実現する高耐震住宅の家造りの為の活動です。
住宅の礎となる基礎工事の工事行程で、世間的には重要視されない傾向がありますが、本当はとても大切な工事の行程のアンカーボルトの設置工事の管理業務から。
アンカーボルトは、住宅のN値と呼ばれる柱脚部の引き抜き強度に対応するべく施工がされる必要があります。
このN値という値の構造計算では、耐震性が高いほどN値は大きくなる必要となるアンカーボルトもそれに対応しなくてはいけません。
あまり知られてはいませんが、基礎に施工されるアンカーボルト(数量)を見れば、その住宅の耐震性がわかる事になります。
基礎業者さんから、一般的な家造りの現場よりもずっと数が多いと言われている幸せ家造り工房の家造りの現場の基礎です。
この大切なアンカーボルトの施工は、多くの家造りの現場で未だに実施されているコンクリート打設時に差し込むという通称「田植え」での施工方法は認めていません。
コンクリート打設前に自前に型枠に固定する形でアンカーボルトは施工がされています。
そして、幸せ家造り工房は、この大切なアンカーボルトの施工状況を一本一本、基礎の設計図書と照合して検査を実施しました。

家造り
幸せ家造り工房の設計監理書としてのアンカーボルトの検査完了後、初めて基礎コンクリートの打設工事が始める事が出来ます。
工事工程は基礎立上り部分の工事行程です。
ここでも、高耐震住宅の実現の為に、先に搬入されたコンクリートの仕様の確認からです。
基礎設計で指示されたコンクリートの仕様である事を確認しれから、コンクリートの打設工事が始まりました。
大切なお客様御家族の命を守る安全な高耐震の家造りの実現の為に、間取りの段階から、設計時、現場の施工で、常に正しい家造りの実践がされていきます。
基礎コン工事

大切なお客様御家族の命を守る器となる家造りを実践するのが幸せ家造り工房の家造りです。
安全な高耐震の家造りの礎となる基礎工事の工事行程も終盤となりました。
今日は、事前に先行してアンカーボルトの検査後、基礎立上り部のコンクリート打設工事の工事行程です。

家造り

ポンプ車両が家造りの現場に設置後、コンクリートを運ぶミキサー車が到着しました。
早速、幸せ家造り工房によって運ばれたコンクリート仕様の確認です。

家造り

コンクリートの仕様の確認後、基礎コンクリートの打設工事の開始です。
ポンプ車のオペレーターさんによってコンクリートが型枠内に打設されます。
その後を、基礎業者さんが十分に充填するように充填作業。

家造り

コンクリートの天端部分を金コテで墨の高さに均していきます。

家造り

3人の息の合ったチームワークで作業が進みます。

家造り

基礎コンクリートの打設工事の完了。
この後、コンクリートが設計強度以上に強度が発揮出来るまで、長い養生期間という工事行程へ進みます。
住宅の礎となる大切な基礎です。
十分に強度が発揮出来るまでの工程を経て、次の家造りの工事の工程へと進みます。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop