blog

新着情報&ブログ

2015年12月8日

ブログ

住宅の基本性能から

家造りにおいては、よくその住宅の特化した性能を謳われる事になります。
幸せ家造り工房の家造りでは共通して、高耐震、省エネ、住む人の健康、住宅の長寿命化といった特化した性能の家造りをしている事でしょう。
家造りにおける性能は、住宅の基本性能があって、その上に性能を特化しての家造りが基本です。
ですが、この頃では住宅の基本性能的な部分のところが軽視されがちになってしまっているのが家造り業界です。
もう一度、家造りにおける住宅の基本性能の為の家造りを大切にする姿勢の考えをしなくては、お客様御家族にとっての良い家造りを実現する事は出来ません。
現在の幸せ家造り工房の家造りの現場は、この大切な住宅の基本性能の家造りです。

家造り

WB工法の小屋裏部の断熱材施工状況です。
今回の家造りでは、屋根の棟部分までのびる勾配天井に合わせた断熱材の施工がされています。
棟部分の開いている換気部分の開口は、WB工法の第二通気層の為の換気部分です。
WB工法の場合、小屋裏換気という住宅の基本性能の為の換気は、第一通気層、第二通気層とそれぞれの通気層に関して有効となる換気量の計算によって検証されての施工です。

家造り

住宅水廻りの設備機器の為の給水・給湯・排水のそれぞれの配管工事が始まりました。
給排水配管工事では、住宅の維持管理と基本性能の向上の為に、容易に配管を脱着出来るシステムのもので施工がされています。
維持管理という基本性能は、その工事の方法で、これからの長い年月での住宅のメンテナンスの容易性・ランニングコストにも関わる性能の部分です。

家造り
住宅の外装工事の状況。
屋根の軒天部分には、小屋裏に関する必要換気面積以上となるように換気計算で検証した軒裏通気の為の工事がされています。
WB工法の住宅では屋根の第一通気層となる部分の通気処理です。
家造り
住宅内部の造作工事の状況。
造作工事では、日常の生活における生活設備の設置の為の補強下地の工事もされています。
天井下地には、照明設備の為の補強下地、壁面の下地にはカーテンレール、エアコン設置の為の補強下地等です。
お客様御家族から事前に教えられた設置設備の為の補強下地の工事もされていく基本性能の為の工事工程です。
住宅の基本性能を大切にした上での、住宅の特化した性能を実現する事が、幸せ家造り工房の共通した家造りの姿勢です。
ちょっとお休みして

今日もすき透き通るような12月の青空です。
家造りの現場で行程、頭上には飛行機の姿を毎日見る事が出来ています。

家造り

今日も毎日続く、家造りの現場での現場管理業務です。

家造り

家造りの現場の現場管理業務の後は、12月の冬の定期訪問の活動ですが、今日は早めにきりあげて、ちょっとお休みをして事務所内での家造りの活動の日です。
12月もはやくも8日です。
もうすぐ10日。
家造りの現場で働く家造りの仲間達が安心して施工に集中出来るようにと、少し早めの工事の支払業務です。
本当は15日が支払い日ですが、いつも早めの10日に間に合うように処理をしています。
みんなが安心して、働ける環境を整える事もお客様御家族の為の良い家造りへとつながります。
今日は、これからその為のお仕事です。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop