blog

新着情報&ブログ

2014年6月17日

ブログ

屋根瓦がのりました

昨日にみんなの感謝の気持ちでの上棟工事が完了した岐阜市河渡地内の家造りの現場では、今日は、屋根瓦葺きの工事です。
屋根の仕様は、陶器製の平板瓦の屋根です。

家造り

朝一番に家造りの現場へ、屋根瓦が搬入されて、

家造り

家造りの現場に搬入された屋根瓦は、すぐに住宅の施工される各処にのせられました。
住宅において、屋根の材料は、その屋根材の種類によって住宅の必要な強度(耐震性)の判断基準が変わる大切な家造りの素材です。
屋根材の荷重が、住宅の必要な強度に大きく関わる事になります。
その為に家造りの為の住宅工事工程では、上棟後になるべく早く屋根材を住宅に屋根にのせる事が、長期的・短期的にも住宅の為になるとされています。

家造り

午前中には、ツインルーフの屋根の形状の下屋部分の屋根瓦が葺かれ、

家造り

午後には、ツインルーフの大屋根部分の瓦も葺かれていきました。
屋根材の施工では、同時に雪止めの施工もされています。

家造り

住宅の内部では、大工さん軸組部の工事も進行中です。

家造り
熱中症に気をつけて

昨日に続き今日も暑い一日です。
梅雨はどこへいってしまったのか?というようなお天気が続いています。
さすがに、これだけ暑い日が続くと身体にも影響が出ます。
テレビは熱中症への注意が放送されていました。
熱中症というと、みなさんは屋外での高温時でと思われるかもしれませんが、多くの熱中症の発症は屋内でおこっています。
特に屋内での熱中症になる原因が多湿の為です。
人は汗をかくことによって体温を調整しますが、多湿によって、汗をかいての体温調整が出来なくなってしまう事があるからです。
これからの季節、屋内で快適に過ごす為には、湿度を下げる方法が必要になります。
夏の蒸し暑さを、湿気対策によって快適に過ごす事が実現しているのが通気断熱WB工法の家造りです。
夏のジメっとした不快感を防いで、蒸し暑さ対策をする事によって、同じ気温でも人の感じる体感は大きく変わります。
夏の暑さ対策は、節電対策だけではなく、そのまま健康の為の対策にもつながります。
暑さ対策の為に、湿度にも注目をしましょう。

家造り

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop