blog

新着情報&ブログ

2014年6月9日

ブログ

床下の配管

今日の家造りの現場では、土台伏せ前に実施する床下部分にあたる場所の給排水配管の先行工事です。

家造り

給排水配管の資材が、その用途に合わせて家造りの現場内に運ばれました。

家造り

給排水配管は、外部から基礎を通って床下部分に配管工事がされます。
住宅工事では、基礎工事中に給排水配管の部材を屋外と床下内とを結ぶように基礎内に先行して配管工事がされます。
一般的な住宅では、先行配管された部材がそのまま給排水配管の一部としてそのまま配管材として利用されますが、幸せ家造り工房の家造りの場合は、すべての住宅が長期優良住宅以上の性能を実現する家造りとする為、住宅の維持管理の性能を高いレベルで実現する為に、基礎に埋設された配管を配管の一部として使用する事をせずに、基礎に埋設された先行スリープ材の中に配管を通す工法としています。
これによって、住宅の長期にわたる維持管理の際に容易に配管部材を交換出来る住宅、つまり維持管理の性能を高いレベルで常に維持をして住宅の長寿命化を実現する家造りをします。

家造り

給排水配管が基礎内の先行スリープを通る2重構造の配管がされて、床下内の給排水配管がされました。
給水配管は青色の配管保護材の中。
給湯配管は赤色の配管保護材の中です。
給水・給湯配管はヘッダによって集中管理がされて、排水配管には、床下内にも清掃用の点検口が設けられて、住生活でのメンテナンス性を高める工事がされています。
床下内の給排水配管工事がされれば、大工さんによる土台伏せの準備の段階は完了です。

住宅の着工までに

家造りでのお客様御家族と住宅会社のお付き合いは、住宅工事がメインと考えられがちですが、幸せ家造り工房の場合のお客様御家族とのお付き合いは、住宅工事の期間は全体の少しの部分です。
お客様御家族とのお付き合いの時間は、出会ってから着工までの期間、完成してからのお付き合いの期間と、とても長い期間のお付き合いです。
実際の住宅工事の着工までには、お客様御家族との長い期間のお付き合いがあります。
出会ってから、実際に住宅が着工されるまでに数年という場合もあります。
そのお付き合いも積み重ねの継続です。

家造り

今日も、お客様御家族の為の活動が継続されています。
昨日に打合せをさせて頂いた、家造りの御相談中のお客様の為のプランの段階での設計図書の作成。
お客様御家族が納得出来るまで、何度も何度も設計図書の作成、積算が繰り返されます。
今日も、設計図書の作成中は頭の中で同時に住宅の高い耐震性と安全性の為の耐力壁の配置を計画と構造計算をしながらのプランニングです。
設計図書に記入される柱の一本一本も、その為の意味があります。
壁全体を黒塗りで塗るつぶすような柱のレイアウトも計画出来ない図面では、住宅の耐震性と安全性の計画は出来ません。

家造り

お昼からは、御相談中のお客様御家族と一緒に住宅設備機器メーカーさんのショールームの見学の同行です。
見せる収納にするべきか?
隠す事が出来る収納にするべきか?
今までの家造りの経験を交えた多くの観点での、そのお客様御家族の生活に合った家造りの計画を一緒に考えさせて頂きました。
家造りの計画の時点から、お客様御家族と一緒に積み重ねるお付き合いがされていきます。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop