blog

新着情報&ブログ

2014年6月5日

ブログ

整地も大切に

家造りの現場では、基礎の養生期間が続いています。

家造り

基礎の養生期間中の住宅工事工程では、先行してされる給排水配管工事と共に基礎外周部の整地の工事もされます。
基礎の外周部の埋め戻し作業です。

家造り

住宅の敷地配置に合わせて、基礎工事の事前の段階で先に入れていた盛り土も利生して、家造りの現場内に盛り土を搬入して基礎の外周部を埋め戻しの整地をしていきます。

家造り

幸せ家造り工房の家造りの現場での整地工事は、1回だけの工事ではありません。
住宅工事の工事工程の進行に合わせて、何度かに分けて盛り土と整地がされていきます。
盛り土も住宅の住環境とその場所の用途に合わせて選定がされた良質なものを使用しています。
今回の盛り土と整地工事は、外部の給排水配管の工事を考慮しての工事です。
幾度かの盛り土と整地がされて、最後はきれいな砂利などで整備された状態になります。
より良い住環境を実現する事も、幾度もの工事が積み重ねられた家造りの実践で出来る事です。

それぞれの基礎工事

現在の基礎工事中の家造りの現場の風景。
北方町の家造りの現場では、基礎の捨てコンクリートに墨出しが出されて、現在は、鉄筋組・型枠工事の工事工程の準備段階で、家造りの現場では養生中です。
今日も家造りの現場では、作業はありませんが、現場監理の為に訪れましたが分譲地内の為か工事中の車両が分譲地内の道路をふさいでいます。
これでは、既に住まわれている方に御迷惑を掛けてしまう事になってしまいます。
工事中は、御近所の方々への配慮を非常に気遣う現場監理をしていますので、非常に心配でした。
幸せ家造り工房の家造りでも、このような事がないように、家造りの仲間達に再度声を掛けて、自分達はこのような事がないように、みんなで話し合いました。

家造り
垂井町の家造りの現場では、明日のコンクリートの打設工事の為に、最終のHDP用の異形アンカーボルトの設置作業をしています。
住宅が耐震性が上がるほど、必要な引き抜き力の為の強度も多く必要になります。
HD金物やHDPが多い住宅ほど、耐震性の高い住宅と言えます。
今日も、非常に多いカ所のHDP用のアンカーボルトの設置作業をしています。
高耐震メタル工法で使用されるHDPは非常に施工精度が高い工事が要求される難しい工事です。
一か所、一か所を測量機器で測量しながらの設置工事です。
工事と検査を何度も繰り返す厳しい工事が繰り返されていました。

家造り

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop