blog

新着情報&ブログ

2014年5月15日

ブログ

水のある生活の為

岐阜市下鵜飼の家造りの現場では、家造りの現場の敷地内に人が生活をする為に水を使用して、生活の排水を排水する為のライフラインである上下水道の敷地内への布設工事が実施されました。
既に敷地内には、今までの生活を支えていた井戸があります。
家造りの住宅工事が完了して、これから生活をする時には、上水道と井戸が併用して利用出来るライラインのある家造りとなります。

家造り

岐阜市を含む岐阜地域では、水の都と呼ばれる地域もある為、良質な水がある地域です。
上水道とは別に井戸から出る水を使用して生活される御家庭も多くあります。
上水道と井戸水のそれぞれの特性を理解する事によって、快適な水のある生活が実現出来る事になります。

家造り

上下水道の布設工事は、土地敷地の前面道路に埋設されている上下水道管を道路を掘削をして、その配管から敷地内に引き込んで、再び道路を復旧するまでの工事です。

家造り

敷地内へ引き込まれた上下水道配管には、それぞれ、上水道のメーター、下水の汚水マスが接続されて、これから建てられてる住宅で使用出来るように施工されます。
家造りの現場へ上下水道が布設され、これからのお客様御家族が快適に暮らす事の出来る良質な水のある生活が出来るようになりました。

そしてお客様との打合せ

午前中、家造りの現場での業者さん達と一緒に地盤改良工事の為の事前の現場打合せが終わって、次は、お客様御家族との家造りの為の打合せの時間です。
幸せ家造り工房の場合は、お客様御家族との家造りの為の打合せを、住宅工事の着工前・工事中と何度もお願いをして打合せの実施をさせて頂いています。
家造りの為の打合せは、住宅工事の進行に合わせての内容になっていきます。
決して、住宅工事の請負契約時のカラースキムと称するお客様を缶詰にして一日の数時間で全てを決めてしまうという家造りの方法をとってはいません。
お客様御家族にもじっくりと考えて頂ける時間をとって頂いての家造りの打合せです。
何度も重ねる家造りの打合せ時には、お客様に関して、わからない事・不安に思う事などを聞くように努力をしていますが、時には意志疎通がうまくいけない事もあります。
お互いの意思疎通がうまく出来なければ、打合せをする意味も半減してしまいます。
頭を布団につっこんでいるワンコと同じです。

家造り

家造りの打合せは、自分自身の反省を重ねていくという過程を常に持っています。
うまく情報を伝える事が出来たか?
相手の意志・想いを理解出来たのか?
何度も反省も重ねているのが、打合せという行為です。
自己の反省をした事は繰り返さないように正していく。
お客様と一緒に実践する正しい家造りの方法の一つです。
毎日が打合せ、毎日が反省の日々です。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop