blog

新着情報&ブログ

2014年3月7日

ブログ

材料一つへのこだわり

今日は底冷えのする寒い一日になりました。
ニュースでは爆弾寒波の話題でもちきりです。
朝の日課のワンコ達との散歩に出ると、お向かいのお宅の自動車は白くなっていて、「霜がおりたのかな?」と思っていると、地面にも白いモノが。
うっすら雪化粧の朝でした。

雪化粧

冷たい風の吹く中での家造りの現場です。
日中には、雪もちらほら風で舞っています。

家造り

家造りの現場は、現在は強くて安全な高耐震を実現する為の耐力壁の工事中です。
耐力壁面材の工事は、1階部分の工事が完了して2階の部分へ進んでいます。

家造り

耐力壁面材によって、住宅の外装部はぐるりと覆われるように施工されていきます。
日常に見かける住宅工事の工事工程ですが、じつは、工事中に使用されている材料一つにもこだわりがあります。
家造りの現場の住宅は、シンプルモダンスタイルのデザイン住宅の仕様です。
屋根の軒先が出ないデザイナーズ住宅では、外壁部の通気層の空気の流れの確保や小屋裏の換気の空気の流れを実現する工事が必修になります。
しかしながら、住宅の躯体内の結露・蒸れ腐れを防ぐ大切な通気層の空気の流れを実現出来ていない住宅を多く見かけるのが現状です。
適切な躯体内の通気層の空気の流れが実現出来ていなければ、今日のような寒い日は特に躯体内に著しい影響が出ているかもしれません。
工事の方法の一つ、材料の選定・寸法の決定を厳密な計算をもとに適切な空気の流れを計画する事によって、どのようなデザインの住宅でも同様に住宅の躯体内結露を防ぐ適切な通気層を実現した住宅は可能です。
この何気ない日常に見かける住宅工事の風景に、じつは、その為のこだわりと適切な躯体結露を防ぐ通気層の換気計画の家造りが隠されています。
家造りは、御家族が長い年月を一様な性能が維持された住宅で幸せに暮らせなくては正しい家造りをしているとは言えません。
もし、機会があれば、住宅の躯体内の結露を防ぐ通気層の空気の流れ・換気計画を尋ねてみてください。
正しい家造りがされているのであれば、使用されている材料の一つにもこだわりがある事がわかるはずです。

黄砂と花粉と

ニュースでは、黄砂の飛散が話題になっています。
3月になると、花粉と共に黄砂が舞う季節になります。
黄砂が舞いだすと、花粉症の症状も悪化の一路になる事は、花粉症を患う人には周知の事実です。
この季節は、一雨毎に自動車にも汚れはべっとり。
普段、どれだけのモノが飛散してかもわかります。

花粉症

毎年の事ながら、自動車の汚れに、いつもこれだけのモノに接しているのか?と考えてしまいます。
子供の頃からの長くて重度の花粉症歴の幸せ家造り工房ですが、幸い、現在のところ、花粉症の症状は出ていません。
通気断熱WB工法の家造りの住宅に関わってから、花粉症の症状は非常に軽くなっているので、昨年のように花粉症の事を忘れる事が出来れば一番良いのですが・・。
今日も、非常に多くなると予報されていた花粉です。
花粉症対策もしっかりとしながら、毎日の家造りの活動に励んでいます。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop