blog

新着情報&ブログ

2013年5月27日

ブログ

現場検査前に

家造りの現場では基礎の鉄筋組が完了しました。
明日は、瑕疵担保履行法による瑕疵担保責任保険で規定されてりう2回の現場検査のうちの1回目の基礎の配筋検査の日になります。
今日は、現場検査前の幸せ家造り工房の設計管理者としての事前の検査をしました。
鉄筋の径、間隔、かぶり厚、継手長さ等が適合しているかを各箇所で測定、検査時の写真で記録をしていきます。
安心安全な家造りの為には、正しい基礎の施工は絶対条件です。
検査機関だけに頼らず、設計管理者・現場監理者として厳しい検査を重ねる事が必要です。
検査をする(出来る)という事は、正しい知識と経験を積み重ねる実績があってです。
正しい知識と経験があれば、設計図書を理解する事もたやすく、正しい住宅工事の為の指導・管理も本当の意味で実践できる事になります。
ある意味、そういった知識や経験を持たずに現場監理をする事は、家造りに関わる者としては失格であると考えています。

家造り
シートが外されました

家造りの現場では、耐力壁の工事が完了。
バルコニーの防水工事も終了しました。
今まで、住宅を雨養生の為に覆っていたブルーシートが外されました。

家造り

これで、大切なお客様の住宅の躯体部分が雨に濡れる事はなくなるまでの工事工程に進んだ事になります。
外部足場の養生シートから透けて見える住宅の様子にお客様御家族も大喜びです。
今まで続いていたお天気も、そろそろ雨のお話しが出来てきました。
お客様の住宅を大切にする心遣いの家造りは順調に進行しています。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop