blog

新着情報&ブログ

2012年8月24日

ブログ

屋根の上でも

各務原市内の家造りの現場では、上棟工事後の住宅を構成する構造躯体部分の工事が着々と進行しています。
住宅の内部の軸組部では、大工さんが間柱や筋違の工事をしています。
幸せ家造り工房の住宅の躯体は高耐震を実現する為に耐力壁材と筋違を併用したハイブリッド工法になっています。
設計基準となる強度は、長期優良住宅以上の強度としています。
その為に、仕様となる筋違も箇所が多く、工事をする大工さんも大変です。
筋違の一本一本に対して、構造強度に対応した筋違プレートが設置されていきます。

家造り

住宅外部では、外部足場の2回目の施工がされました。
これで、外部の作業も安全に、御近所のお宅へのプライバシーの為の養生も万全になります。

家造り

屋根の上では、屋根業者さんが瓦桟の設置がされて、陶器瓦が屋根の上にあげられました。
真夏の暑い日差しの中、現場監理の為に屋根の上にも登ります。
屋根の上は、直射日光にあたって「暑い!」の一言です。
夏の暑さにも負けずに、家造りの仲間の業者さんは一生懸命に汗水を流して働いています。
想いは一つ。
お客様の為のより良い住宅の実現の為です。

家造り
外壁工事も最終段階

大垣市内の家造りの現場では、外壁の工事の最終段階です。
外装材のサィディング材の目地部分にコーキング処理がされました。
サィディング材を外装材とする場合、それぞれの資材の縦の継手部分には先行してハットジョイナーが施工された上にサィディング材が貼られます。
コーキングは、その目地の部分に施工されることになります。
外装材の施工が終わると、外装部に施工される雨樋や換気フード等が施工される事になります。
外壁工事も最終の段階です。

家造り

住宅の内部では、昨日に続き、大工さんが階段の設置工事を進めています。
階段の一段一段を丁寧に大切に施工がされていきます。

家造り

また、現在の家造りでは、住宅の住環境を良くする為の設備の為の工事が、家の中じゅうにされていきます。
電気設備の為の配線、給排水設備の為の配管。
住宅の設備の為の工事が整然ときれいにまとまってされています。
お客様の為のより良い住宅の為の家造りの工事は順調に進行しています。

家造り

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop