blog

新着情報&ブログ

2012年8月15日

ブログ

家族の集う場所

お盆休みも今日でお終いという方もみえますか?
それとも19日の日曜日までという方もみえるかもしれませんね。
今年は雨が続いてのお休みになってしまって、なかなか外出へという機会も減ってしまったかもしれません。
お家で御家族でのんびりという方も多かったのではないでしょうか?
皆さんのお家では、御家族が集う場所ってありますか?
もしかしたら各自、それぞれのお部屋でという考えの御家族もあるかも?
でも、御家族で一緒に過ごす場所の工夫で、バラバラだった御家族が一つになる事もあるかもしれません。
住宅で家族で集う場所はリビングです。
自分のウチの場合は、リビングで普段は家族一緒で子供達もワンコも猫も一緒に過ごしています。
夏はエアコンを稼働させる部屋をリビングに限定させる方法もあります。
でも、違う方法として、家族で一緒に過ごす場所以外には、テレビを置かない&テレビゲームも置かないという事もしています。
これで、今流行っているゲームのドラ〇〇はリビングでしか出来ない。
ポータブルゲーム機では出来ない方法ですけど、結構有効です。
でも、子供部屋に籠ってパソコンでネット三昧というケースもあります。
現在の家造りでは、家庭内ネット配線を考える方も非常に多いですが、あえてしない方法もあります。
特に現在は、有線LANよりも無線LANが主ですが、無線LANのルーターをあえて出力の小さなモノにして、子供部屋では利用出来なくしてしまう方法。
お子さんが大きくなって必要になれば、高出力の無線LANルーターに変えれば良いという考え。
お子さんが小さなうちは、なるべくリビングで過ごす方が快適にしてしまう、あえて時代に逆行する子供部屋を不便にしてしまう事が出来るように計画し、必要になった時に対応できる構造にしておく。
じつは、この方法は、当初は子供部屋を2部屋続きの続き間に利用出来るように開閉間仕切りの建具で仕切る方法に類似します。
家造りでは、すべてを便利にする事とは反対にあえて不便にする事という考えもあるという事です。
ただし、この方法は不便は不便なままにならずに、便利になるように対応出来るように御家族の成長に合わせて変化出来るように計画しておく必要があります。
御家族が集う場所を意図的に創りだす方法を考えてみましょう。

家造り
集う場所を創る

家造りの計画で家族が集う場所はリビングになるでしょう。
その為、多くの方が家造りの御希望で広いリビング空間の実現があります。
でも、せっかく広いリビングを作っても家族が部屋に籠ってしまって集まらなければ意味がありません。
では、家族が集う場所を意図的に創って導くにはどうしたら良いでしょうか?
もう一つのブログには、「あえて子供部屋を不便にする」という現代の家造りと逆行する方法もあるという事を書きました。
でも、一番大切な事は、家族が集う場所をみんなが快適に過ごせるようにするという方法です。
その為の学習コーナーやワーキングコーナーを設けたり、家庭用情報ネットを集中させる方法等はよく知られています。
でも、その前に人がリラックスして過ごすには?という原点も考えましょう。
家族がみんなでゴロゴロ出来る場所作る。
全てをオープンにせずに、ちょっとだけ隠す事が出来るデッドスペースを利用した場所もあると、落ち着けるかもしれません。
また、キッチンや家事コーナーをリビングに対して中央にアクセス出来るようにもってこれるようにする方法も一緒にお料理や家事をしながらという方法もあります。
リビングを中心にして、御家族が日常の行動出来るようにする工夫を考えましょう。

家造り

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop