blog

新着情報&ブログ

2012年8月7日

ブログ

本当のお付合い

「家造りは一生のお付合い」
住宅会社さんとお話しを経験している方なら、必ずといってよいほど聞かれる言葉です。
でも実際はどうなのでしょうか?
家造りのでの本当のお付合いは、実際に住宅が建てられて、その住宅にあなたが住まわれてから始まります。
いつでも、気軽に声を掛ける事が出来る事によって、お付合いが本当の意味での一生のお付合いが出来ます。
しかしながら、残念なことに、あなたの担当をしていた住宅営業マンがいなくなって、その次の担当者とバトンタッチする事もあります。
気軽に声を掛ける事が躊躇してしまう関係になってしまうかもしれません。
家造りでの本当のお付合いは、深い関係のお付合い・表面上の軽いお付合いといった関係もあります。
それは、家造りに携わる者の性格もあれば、お付合いするお客様自身・御家族の性格・考え方によって変わるものです。

明後日に以前に家造りに携わらさせて頂いたお客様のお家へ御訪問する約束があります。
今日は、その為のお買い物。

本当のお付合い

お客様御家族のお祝い事も御訪問の目的の一つである為に新しい御家族になったお子様へのモノ。
でも、お兄ちゃんもいるからお兄ちゃんの分もネ。
毎回、こういうお祝いのモノ選びは悩みます。
ウンウン・・・と一時間悩んで選びました。
以前は、可愛い長靴を選んだ事もありますけど、ちょっと季節外れだから今回はパス。
なぜか?いつも幼いお子さん達には懐かれています。

ハッキリ言います

自分の性格は、お世辞にも営業マン的な性格ではありません。
理系的な性格です。
だから、家造りの話題以外はあまりおしゃべりしません。
どちらかというと、普段はダンマリです。
口下手と自分でも思っています。
お客様とお話しをする時も、物事をハッキリと言います。
良い事は良い。
ダメな事はダメ。
その為、言葉の上手な営業マンさんと多くお話しをしていて、「自分はお客様」と自意識の強い方からは敬遠される事もあります。
「物事をハッキリ言うから、(営業的な)御機嫌がとれない」
と、住宅営業マンからよく言われました。
でも、それは住宅営業の都合では?
ハッキリ言うべき事は言う事が、結果的に家造りをされるお客様自身の利益につながると考えています。
今日も、お客様にハッキリという事がありました。
「この土地を選んでは・・・・」
物事をハッキリ言うときは、必ずお客様自身の為を思う時です。
そのなかには、住宅に関わる業者の都合はありません。
しかしながら、想いは伝わらない事もあります。

家造り

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop