blog

新着情報&ブログ

2012年7月27日

ブログ

最後にありがとう

最後に「今まで愛してくれてありがとう、これからも愛しています」と、言ってもらえるだろうか?
今日も猛暑日です。
家造りの現場へ移動中の自動車の外気温度計は39度を示していました。
今日のような暑い日は、あのワンコの事を思い出してしまいます。
自分が、まだ若い頃の思い出です。
その頃はもちろん現在のワンコ・ニャンコ軍団はいません。
ウチに仕事で出入りをしていた職人さんが拾ったけど持て余してしまったミックスのワンコを引き取って飼っていました。
そのワンコは、ずっと自分のウチの子として生涯居て、自分が結婚、子供が出来て、丁度、子供が幼稚園の頃に長期入院を子供がしなくてはいけなくなった時に、自分が重荷になりたくなかったのか?子供が幼稚園から帰ってのを見届けて静かに息を引き取って大往生した子です。
その子の話ではない他所のワンコの思い出です。
そのワンコは、飼い犬で今日のように暑い日でも、日陰一つない場所の道路沿いに縛られて毎日ジッと耐えていました。
普通の外飼いのワンコなら自分の小屋の日陰に入るか、土を掘ってお腹を冷やしています。
でも、そのワンコは日陰となる小屋もなく、地面は熱いアスファルトの上です。
暑い日も寒い日も同じように毎日、縛られてジッと耐えていました。
でも、結局若い頃の自分は、犬の事で反対に文句を言われるだけで、心痛めるだけで何もしてあげられませんでした。
数年後、そのワンコはいなくなりました。
思うだけ、言うだけではダメなのです。
それだけでは、何もしない事と同じで同罪です。
自分で実行出来る力がなくてはいけない。
幸せ家造り工房を自分で興した動機も、実は同じような家造りに対する思いをしていた事が動機です。
自分が、相手に対して最後に「今まで愛してくれてありがとう、これからも愛しています」と言ってもらえる事が出来ているか?

ニャンコ
ワンコ

この子達も、もしかしたら既にこの世にいなくなってしまっていた子達だったかもしれません。
今は、みんなウチの子として生活しています。
人と人、人と犬・猫・・・ペット達。
いつかは、必ず別れの時がきます。
その最後の時に「今まで愛してくれてありがとう、これからも愛しています」と言って(思って)もらえるかどうかはわかりません。
でも、そのように思ってもらえたら幸せな事ですね。
暑い夏の日、必ず思い出すワンコがいました。

現場監理の一日

今日のような猛暑日では、住宅工事の現場では、みんな暑さの中で一生懸命に良い住宅の実現の為に仕事をしています。
今日の家造りの現場の現場監理は大垣市内の現場からです。
現在の住宅では必修と言える瑕疵担保責任保険の現場検査の2回目の躯体検査です。
検査は、9時からですが、毎回のごとく8時半から検査開始です。
住宅あんしん保証の躯体検査では、他社に比べて非常に厳しい内容の検査になります。
躯体検査では、住宅の強度に関わる部分の検査です。
HD部、耐力壁、筋違い等の施工状況を一カ所づつ、施工事態の方法が適正であるかも含めて検査がされます。
躯体の検査が終わると、検査チェックシートをもとに住宅の防水部分の施工方法を確認していきます。
検査の結果は・・・もちろん合格です。
今日は、外部の樹脂サッシも搬入されました。

現場監理

羽島市内の家造りの現場では、敷地を住宅が建てれるように法規制の適合を受ける為の建築許可申請の為の工事がされています。
幸せ家造り工房では、お客様に対しては家造りのコストを抑える方法として、必要な工事の原価をお客様に公開しています。
そして、そのままの原価で実行して頂いている事も多くあります。
今回の工事も、幸せ家造り工房自身でする監理業務に対しての経費・費用は一切頂いていません。
必要工事の原価をそのままに御呈示して、お客様にお願いしています。
地盤改良工事、造成工事、外構工事も同様です。
お客様から家造りの為の住宅工事を御依頼して頂ける事だけで幸せという考えでの活動です。

現場監理

各務原市内の家造りの現場です。
境界ブロックの工事がおわって、敷地を囲う仮設囲いの復旧工事を業者さんと一緒にしていました。
同時に、全体の仮設囲いも調整・補強をして御近所への御迷惑を掛けないように徹底させました。
出会った御近所の方へは、
「いつも工事で御迷惑をお掛けしまして申し訳ありません」
と、必ず頭を下げるように心がけています。
猛暑日の中での家造りの活動の一日です。

現場監理

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop