blog

新着情報&ブログ

2012年7月18日

ブログ

ダメだし

毎日の家造りの現場での現場監理。
なんだか、いつも現場の掃除だけをしているように思われているかもしれませんが・・・
もちろん、設計管理業務や現場監督の業務の仕事も大切に厳しく実践されていきます。

現場監理

家造りの現場は、基礎の捨てコンクリート打設が終わった状態です。
一般的な住宅工事の水盛遣方という住宅の位置・寸法の墨出し作業は、木の杭・貫に対して寸法を出します。
しかし、この方法ですと木の収縮膨張によって、墨出し寸法に誤算が出てしまいます。
その為、正確な水盛遣方の墨出し作業の方法として動かない固定物の捨コンクリート部に墨出しをする方法があります。
この方法では、捨コンクリート打設工事の前後2回の水盛遣方工事をする事になります。

現場監理

墨出し作業では、トランシットという測量機器を使用します。
トランシットは、土地の測量にも使用する、角度と距離を光波で測定できる機械です。
このような精度の高い工事を要求される工事でも現場監理でのダメだしはされます。
スケールを持って、作業の終わった墨に対して測定・・・・・確認の繰り返し。
念には念をおして。
現場監理ではダメだしも大切です。

家造りは順調です

上棟工事が終わって、住宅工事の大きな節目の一つが終わった家造りの現場です。
上棟工事の後の工事が順調に進行しています。

現場監理

外部の足場が2度目の工事がされました。
外装部の工事が安全に出来ように組みなおされ補強されます。
周辺への飛散・御近所のプライバシーの保護の為に足場の養生ネットもはられました。

現場監理

屋根には、安全な防水処理の為に2重に張られたルーフィングの上に屋根材が葺かれました。

現場監理

住宅の内部では、大工さんが軸組の工事の真っ最中です。
間柱、筋違、窓台等の住宅の壁を構成する壁の中身の工事がされています。
家造りの現場では、暑さに負けずにみんなが一生懸命。
家造りは順調に進行しています。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop