blog

新着情報&ブログ

2012年6月25日

ブログ

家造りは知る事から

今日の午前中は、家造りの計画を始められたお客様とのお話しの時間を頂けました。
通気断熱WB工法や高耐震メタル工法の住宅のハードのお話から始まって、
家造りに関するソフト面である住宅の保証制度の御説明に始まって、
信頼出来る住宅会社の見分け方の方法や
正しい家造りをしている住宅であるか?そうでないか?の簡単な見分け方、
そして、何よりも大切な家造りを始められたら最初に何を知るべきであるか?
お客様の熱心さに、中身の濃いお話しになって、ついつい熱が入ってしまいました。
基本的に、幸せ家造り工房で家造りのお話しをさせて頂く時は、営業的な売り込みのお話しで始まる事はありません。
知りたい人には知りたい重要な自分の経験にも基づいた家造りのお話しをさせて頂いています。
(そのかわりに少々マニアックなお話しもあるので、わからない言葉やお話しが出たら質問してくださいねとお願いしています)
反対に一般的な住宅営業的なお話しをする事はあまりないので、住宅営業マンのお話しを期待されていたら、
「なんじゃこれは?」と、売り込みのお話しの期待に応えれるようなお話しにはなりません。
正しい家造りの為には、家造りを知る事から始める事が大切と考えて、お話しをさせて頂いています。
家造りを始める際にあたって、一番大切な事は何でしょうか?
住宅の工法?デザイン?構造?お値段?
家造りは、住宅を建てて実際に住む事によって、
現在の生活がより豊かで幸せになる為の方法である事を知ってください。
その為の方法をお話しさせて頂いて、
一緒に実現するのが、
幸せ家造り工房の家造りです。

家造り
家造りの現場を見よう

今日の家造りを始められるお客様とのお話しの中で、家造りの現場を見る重要性のお話しの内容がありました。
お客様自身も現在の御自宅の近所で住宅の工事現場があって、家造りを考えるようになって今まで以上に気になって見られているそうです。
これは、とても良い事です。
家造りをお考えの方は、自分の頼む住宅会社ではないからと考えずに、目についた住宅工事の現場をどんどん気にかけて見てください。
住宅の構造がわからないから・・・見てもしょうがない?
いいえ、住宅工事の現場の雰囲気を知るだけでも良いのです。
家造りの現場ごとにそれぞれに違う事に気付かれるはずです。
家造りの現場である住宅工事の様子・・・・
良いと感じた事。
悪いと感じた事。
必ずあるはずです。
自分達の家造りの現場だったら?思って見ると余計に感じる事も出てきます。
その時のお話しを聞かせてください。
更に、あなたの家造りの為のより良い方法のお話しがさせて頂けます。
現在の幸せ家造り工房の家造りの現場は基礎工事の工程です。
基礎立上り部の墨出しが正確に測定されて出されてから、型枠組・基礎断熱材の施工がされています。
現場監理活動では、施工されている基礎箇所を随時測定しながら、施工の制度を確認していきます。
頭の中には、基礎の構造や設計がなくては正しい判断は出来ません。
正しい住宅工事は、現場作業をする業者さん任せでの現場監督不在ではいけません。
正しい設計管理・現場監理のもとに正しい施工を実施出来る業者さんの手によって成されていきます。

現場を見よう

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop