blog

新着情報&ブログ

2012年6月17日

ブログ

お客様アンケート

通気断熱WB工法東海地区代理店さんからアンケートのお願いが届きました。
東海地区で初めてTVCMを放映する企画の為に、WB工法で建てられたお施主様へのアンケートをいただきたいというお願いでした。
早速、幸せ家造り工房のお客様へも
「御迷惑をお掛けしますが、お願いします」
と、同封された「お施主様ヒアリングシート」と通気断熱WB工法東海地区代理店さんからアンケートのお願いの書類をもってお願いしてきました。
幸せ家造り工房でWB工法の家を建てられて一年以上住んでいらっしゃるお客様です。
四季を通じてのお住まいの感想を頂く為です。
お願いしたお客様は、皆さん、快く協力していただけました。
お客様の貴重な家造りの体験です。
ここでも御紹介させていただきます。

アンケート
アンケート

お忙しい中、御協力ありがとうございました。

貴重なお客様の生の声も、幸せ家造り工房の家造りの為にも、とても貴重な情報として役立たさせて頂きます。
人の癖

日曜日の今日も、幸せ家造り工房では休む事なく、お客様の為の家造りの活動をしています。
午前中に、お客様の家造りの現場で現場立会いをしてから、事務所に戻る前に少しだけ早い昼食にしました。
今日の昼食は、手っ取り早くカレーです。
皆さんは、カレーを食べる時、カレーのルーの方向は出されたままの方向の左側のままで食べられますか?
ほとんどの方が「YES」ですよね?
でも、自分の場合は必ず方向を変えてカレーのルーを右側にして食べる癖があります。
理由?といっても、何もないただの癖です。

カレーの方向

人は、それぞれに何で?という理由もないような癖ってあるものです。
その癖は習慣になってしまっている為、その癖でやらないと非常に具合が悪く感じてしまいます。
家造りでも、住む自分の癖・御家族の癖というものが活かされて造るか?造らないか?で、時には不便に感じてしまう事もあります。
玄関の扉は、一般的には多くの人の利き手である右手で開けやすい吊元取っ手方向が多い為、カタログではその方向の写真が載っています。
しかしながら、住宅への人の動線や住む人の使い勝手・御家族の行動で逆方向の吊元取っ手を採用する事も決して少なくはありません。
住む人が主役であり使い易い事が一番に考えるべきです。
家造りでは、正しい常識と住む人にとって正しい常識があります。
以前のトイレのドアは、内開きが多数派でしたが、現在のトイレのドアは外開きが多数派です。
住宅の仕様や人の生活習慣・住み方によっても多数派が少数派に変わる事もあります。
人それぞれに癖があります。
家造りの計画では、その癖も考えてください。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop