blog

新着情報&ブログ

2012年6月10日

ブログ

住宅の見学で見るべき事

今日は、お客様の御好意によって出来上がった家造りの現場の住宅を、これから真剣に家造りを考えられているお客様に見学の御案内をさせて頂きました。
(集客営業目的の完成見学会はおこなっていせん)
今日は初夏の暑い一日です。
昨日の雨が嘘のような透き通った青い空ですが、太陽の日差しは強くてグングンと気温が上がってました。
御見学されたお客様の第一の感想は、
「涼しい!」
家造りに対して嘘はつかない真正直な幸せ家造り工房の活動の姿勢です。
家造りの現場の住宅の御見学に対しても営業目的的な演出は一切しません。
今回もエアコンの設置前、空調機・24時間換気システムも作動させずに、家じゅうの窓を閉め切った状態のままで、住宅の中に入って頂きました。
今日のような暑い日の閉め切って換気もしていない状態の住宅の中です。
普通の住宅ならば、御想像の通りの蒸し暑さだったでしょう。
「まるで、窓を開けているように涼しいですね。」
「外よりも家の中の方が涼しいなんて・・・。」
御見学されたお客様の正直な御感想です。

住宅の見学

一般的な家造りの現場の住宅が出来上がっての集客営業のお祭り騒ぎの完成見学会では、多くの場合に演出が成されます。
今日のような暑い日の完成見学会でしたら、先に設置したエアコンをガンガン稼働させて、
「この家は涼しいでしょう」
ハッピを着た営業マンが、この家の素晴らしさを説明した後、粗品やみたらし団子でおもてなし・・・という具合です。
でも、あなたが本当の意味での正しい住宅の見学を希望なされるのなら、そのような演出された完成見学会で見学するよりも、家造りの現場の素の状態での住宅を見学されるべきです。
本当のその家の素晴らしいところ、気になるところを知る為です。
住宅の見学では、見るべき事は多くあります。
住宅の一軒一軒が、同じように見るべき事があって、それぞれによって違う見るべき事があります。
まずは、お祭り騒ぎでない時に、じっくりと見て感じてください。

住宅の工夫を見る

あなたが本当の意味での正しい住宅の見学を希望なされるのなら、営業的な演出された完成見学会で見学するよりも、家造りの現場の素の状態での住宅を見学されるべきです。
本当のその家の素晴らしいところ、気になるところを知る為です。
住宅の見学では、見るべき事は多くあります。
住宅の一軒一軒が、同じように見るべき事があって、それぞれによって違う見るべき事があります。
じっくりと見て感じて体感してください。
同じように見るべき事は、住宅の性能でしょう。
今日のように暑い日であれば、エアコンや空笑設備の稼働していない素の状態の家での快適性でしょう。
出来れば窓も閉め切ってください。
とっても快適に居れる家もあれば、蒸し暑くて居れない家もあるでしょう。
住宅それぞれによって違う見るべき事は、その住宅での工夫です。
お客様主体の家造りでは、お客様の御希望によって創意工夫がそれぞれ成されています。
これからの家造りの為に、とても為になる工夫がいっぱいあるはずです。

工夫
バルコニーの物干しコーナーです。

工夫
外部から見ると、バルコニー手摺が2段構成になっています。

バルコニーの洗濯物干しコーナーの例です。
洗濯物を干す箇所は、バルコニーの背の高い手摺壁で屋外からの視界を遮る工夫がなされています。
片方のバルコニーの手摺壁は布団が干せるように布団ハサミが利用出来るように手摺パイプの構成にした2段構成のバルコニーになっています。
言われなければ気づかないような工夫ですが、日常の生活ではとても大切な工夫です。
住宅の見学では、その住宅がどのような創意工夫が成されているかも見てください。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop