blog

新着情報&ブログ

2012年6月6日

ブログ

何事も準備が大切

昨日、手元に広角も撮れるカメラが戻ってきました。
充電が切れていたので、早速、その日のうちに充電。
今日は、家造りの現場で住宅工事の完成の内部の状況を最大広角で撮影です。

広角で撮影
場所によっては、フラッシュをたいた場合とフラッシュなしの場合も。
撮影の環境でも、住宅の印象が大きく変わるものです。
充電

事務所に戻って、早速、SDカードから撮影データーをパソコンにバックアップをして再充電です。
こんなところに性格が出るものです。
充電が必要となる機器である携帯やIPhoneも事務所に戻ると必ずパソコンのUSB端子にさして、メモリーのバックアップと充電をしています。
バッテリーの寿命は大丈夫?
バッテリーは消耗品、それよりも、いざ使用する時に充電切れが一番困ります。
常に準備万端が、レスポンスの良い家造りの活動につながります。
したがって、普段持ち歩いているモバイルパソコンはもちろんいつもフル充電で、自動車に収納してある家造りの現場で使用する掃除機・ドライバー・丸鋸類のバッテリーで動く機材は、充電をしてから積み込む習慣になっています。
何事も準備は大切という性格です。

環境が変わる

大切な家造りは、土地選びからという方も多いでしょう。
大切なお子さん・御家族の為にも、土地の周辺の住環境も一生懸命に調査なされているかもしれません。
家造りでは、その土地に関わる住環境も大切です。
でも時には、その大切な住環境が変わる事もあります。

環境が変わる

普段、健康管理の為に通っているスポーツジムはすぐ近くの大型ショッピングモールが閉鎖されてゴーストタウンのように寂れた一角にありましたが、大型家電店舗や某マクドナルドの大型店が出来て、再び活性化するかも?
以前の賑わいを取り戻す事は良い事ですが、一本道を中に入った周辺の住宅地では、再び、自動車の交通量に悩まさせられるかもしれません。
自動車の交通量は、その地域に住む人達の安全面につながります。
子供達が、元気よく遊びまわるには注意が必要になるかもしれません。
住環境と道路の関係は、今現在ある道路とこれから作られるであろう道路の事も知っておく必要があります。
これから作られるであろう道路の存在もあれば、行政サイドで図面上で計画されている道路もあります。
特に計画道路は、その道路となる場所の土地の持ち主も知らない事がある為、あらかじめ、行政の窓口で計画道路の有無も調査しておくべきでしょう。
今現在の住環境がそのまま継続するとは限らない事を知って計画をしてください。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop