blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

雪が降って気付く事

昨日からチラチラとしていた雪ですが、今朝はまた、銀世界が広がっていました。
積雪は少ないものの、気温が低い為、車で踏み固められている道路は凍った場所もあります。
自転車を引っ張って事務所に出社すると、幸せ家造り工房の事務所の東の南北に続く道は国道に合流する事もあって、ずらりと自動車が渋滞で並んでいました。
少しの積雪で交通もマヒしてしまいます。
原因は、雪に慣れない運転と、自動車のタイヤをスタッドレスタイヤに交換せずにノーマルタイヤのままで運転されている方が多い為でしょう。
自動車の雪支度も、雪が降って思い出す方も多いはずです。
今日は、幸せ家造り工房の事務所の雪かきから仕事の始まりの一日でした。
雪どけ
皆さん家造りの計画。
間取り、日常の使い勝手、デザイン、耐震性、省エネ性・・・・多くの事を考えられて計画がされます。
でも、この岐阜市近郊では年に数日の期間ですが、今日のような雪が降っての事を考えられていますか?
屋根に積もった雪は、夜の冷気で凍って塊になって落ちてきます。
その雪の塊は、どこへ落ちますか?
お隣のフェンスを壊してしまったり、お隣のお家の外壁に直撃というような家造りになっていませんか?
雪が降るごとに、お隣から苦情、お隣のお家の修繕という事にならないような配慮をされて計画は御近所付き合いの為にも大切です。
こだわりのガーディニングをして、駐車場も緑と石の調和をして美しく・・。
雪が降って、雪どけをしようとすると、雪どけ用のスコップは引っ掛る、まともに雪どけが出来ない、道路は泥だらけ・・・と、なってしまうかもしれません。
雪が降ってから「しまった!」と思わないように。
人は、その時に思っていても時が経てば忘れてしまう事も多くあります。
日本の四季を考えた家造りではあれば、そういう事も防げるかもしれません。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop