blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

花粉対策準備

年末からバタバタと忙しく駆け回り気が付けば、もう一月も終わりです。
二月になれば、いやな花粉症の季節が始まります。
今年は、昨年の花粉の飛散量の多かった年から一転、少ないだろうという予報がありますが、油断をすると大変な事になります。
従来、スギ花粉の飛散は、前年の夏が暑くてその年の冬が寒いと飛散量が増えます。
とすると、昨年の夏は暑かったし、冬もクリスマス寒波以降は厳しい寒波が来ていますので、スギ花粉の飛散は増えるかも?しれません。
そう言いながら、今年は鼻のレーザー治療での対策はしませんでした。
あまり効果が実感出来ていなかった事もありますが、自分の場合は、かえって鼻が敏感になって花粉症の症状が出やすくなってしまってないか?と感じていた為です。
(>_<)敏感な人だともう既に花粉症の症状が出ていると身近な人の話を聞いていますので要警戒です。
自分も子供の頃から敏感で花粉症の症状は非常の重症です。
WB工法の住宅に出会うまでは、2月から始まってゴールデンウィークの頃まで(スギからヒノキの花粉の季節まで)大変なおもいをしていました。
結局、病院で強い薬を処方してもらって過ごしていました。(長期服用はダメの薬で、鼻の症状は治まっても目の症状はダメでした)
現在は、この嫌な花粉症の季節はWB工法で建てた幸せ家造り工房の事務所や家造りの現場内では、症状が改善されるので(自分や同様花粉症の兄の場合)WB工法の住宅の屋内になるべく居るようにしています。
兄は薬なしで過ごせていますし、もっと重症で花粉症歴の長い自分の場合も花粉の非常に多い年のピーク時以外は薬の必要が無くなっています。
しかし、家造りの活動は屋外での仕事も多くあります。
花粉症対策に重要な事は、いかに花粉が身体に取り込まれる蓄積を減らすかです。
その為にも花粉症の対策の準備です。
花粉症対策
昨年の対策グッズと同様ののノーズマスクとゴーグル型メガネです。
ノーズマスクは、昨年使用したノーズフィルターから変えました。(位置が鼻の中でずれやすかったから)
手前が昨年使用したノーズフィルターで、奥がノーズマスク。(鼻水が出ていない時用と出ている時用)
ちなみに、非常に花粉の飛散量の多かった昨年は、WB工法の住宅の屋内とそれ以外での花粉症対策グッズで、花粉飛散ピーク時にわずかな期間だけ病院での薬(軽いもの)のお世話になっただけで過ごせていました。
WB工法の家造りに出会う以前までは、2月からの3ケ月以上の長い期間が花粉症の為に病院通いだったのが嘘のようです。
家造りの現場での現場監理では、花粉の舞う屋外で一日中活動す事も珍しくはありません。
症状が治まるからと、WB工法の住宅内で引き籠る事が出来ないのが、毎日の現場監理の活動です。
正しい家造りは、現場監理する者の健康管理もしっかりとしなくてはいけません。
事前の花粉症対策の準備です。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop