blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

良い家、悪い家

幸せ家造り工房は、「嘘のない・正直で・約束を守る」家造りを原則にしています。
だから、最初から本当の事をお客様にお伝えするので、「なんでも出来ます」のようなYESマンの営業トークに慣れた方には戸惑うかもしれません。
反対に「嘘の家造り」に気付かれた方には、信頼を受けてお話しがされています。
お客様の為のより良い家とは何か?
多くの答えがありますが、一つ共通する事があります。
お客様の必要する住宅をより低コストに実現する家造りです。
「より安く」という考えは、住宅だけではなく、毎日の生活でも常に頭にある人の考えですね。
工場で生産して店頭に完成品で置かれる製品では売り価格での判断は大切です。
ただし、住宅の場合は、同じハウスメーカーで同じ間取り・同じ仕様で建てたとしても、まったく同じモノが建たないという事実があります。
住宅は、その土地に資材が運ばれて、人の手によって加工され、人の手によって造られるモノだからです。
ここで、人の手という職人さんの技術の差が発生します。
日当計算で換算して、一日の手当てが8000円の職人さんもいれば、20000円の職人さんもいます。
住宅の原価を大きく占めるのが職人さんの人件費です。
でも、住宅原価のコストを抑える為に職人さんの人件費を抑える方法は、一番やってはいけない方法です。
職人さんの技術は、住宅の品質に大きく影響します。
しかしながら、多くの住宅会社では使用する資材コストを抑える方法と同様に職人さんの人件費を抑える方法をとってしまいます。
では、お客様の立場に立って(住宅会社の都合ではない)住宅のコストを抑える方法は何でしょうか?
実際に掛かる住宅原価ではなく、一軒の住宅原価に上乗せされる住宅会社の経費を抑える方法です。
住宅原価6+住宅会社経費4=住宅価格10を住宅価格8を実現する為に、
住宅原価4+住宅会社経費4=住宅価格8は住宅会社の都合の方法。
住宅原価7+住宅会社経費1=住宅価格8がお客様の為の方法です。
住宅会社の経費の多くが広告宣伝費と実際に住宅工事に関わらない人件費で占めています。
TVで人気タレントのCMを見て、住宅展示場や完成見学会でお祭りに参加して、豪華なパンフレット、いっぱい粗品や景品・みたらし団子・お米を喜んでもらっても、住宅会社の立派な社屋で綺麗な事務員さんからケーキやお茶を出して貰って良くしてくれると感激されても、全ての費用は、その住宅会社で建てられている方が支払っている事になります。
良い家造りの実現
幸せ家造り工房では、お客様に対して、その住宅を建てる為に必要な住宅原価を公開して、お客様と一緒に考える「嘘のない」家造りを実践しています。
公開された住宅原価では職人さんの人件費もわかります。
使用される資材の仕入れ値もわかります。
住宅会社として、いくら頂いているかの経費もわかります。
だから、お客様と一緒に、お客様の為のより良い住宅の実現の方法が考える事が出来ます。
家造りを考えれる方は多くの住宅会社を廻ってください。
そして、正直でお客様の為で住宅会社の都合で考えない住宅会社と出会ってください。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop