blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

自分に厳しく

今日も寒い一日です。
現場監理の作業用のジャケットの上にもう一枚、防寒用のアウターを羽織って家造りの現場の現場監理です。
これが、足場に登っての高所での現場監理ですと、身軽に活動出来るように防寒用のアウターは羽織る事はありません。
今日のように寒くても身軽な服装が出来るようにレイヤーシステムを工夫して、ヒョイヒョイと足場を登って現場監理をしています。
安全で楽な足場の下で、設計管理・現場監理は正しい家造りは出来ません。
時には、足場が無くても高所の現場監理作業をする事も珍しくありません。
毎日の現場監理では、自分自身にも厳しく自己管理をしなくてはいけません。
現場監理
リストスペース住宅は基礎外周部の給排水配管工事の工程です。
設定した設計GLに合せて排水マスの高さが外構工事の為の余裕を考慮して施工されます。
一般的な住宅工事でしたら、現場監理のみの対象の工事範囲となりま素が、同時に設計者としての設計管理としても適正な配管勾配、スリープの設置、外部散水施設計画等の管理・打合せをしていきます。
現場監理
ウッドライフ住宅では、外部の左官工事が終了しました。
資材の整理・掃除をしながら、業者さんが到着するのを待っていました。
(^_^;)本当に毎日、建築家が現場掃除する家造りの実践です。
業者さんが到着後、住宅工事の最終仕上げの検査・指示打合せをしました。
求めるモノは常に厳しい水準ですが、自分に対してもそれ以上の厳しさで毎日の活動をしています。
自己に厳くなければ、人にそれを求める事は出来ません。
そんな自己に厳しく、正しい家造りの為に厳しい家造りの活動を毎日をおくっていますが、時には、より良い正しい家造りの為の正直な活動が見栄えの家造りの前に理解されずに、ではその見栄えの家造りをすれば?・・という誘惑を受ける事もあります。
でも、自分の正直すぎる性格から絶対に出来ない家造りなんです。
やっぱり、自分に嘘をついてまで家造りの仕事は出来ません。
お客様の信頼を裏切る行為となります。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop