blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

耐力壁工事とは?

現在のリストスペース住宅の家造り現場の工事は、住宅躯体部の耐力壁の工事です。
「耐力壁とは?」
と、よく御質問を受けますが、耐力壁は住宅が地震や強風によって倒壊しない為、住宅を安全に保つ為の壁の部分です。
耐力壁の単位は、長さで表し、実際の壁の長さに耐力壁として作られる部材の強度によって係数が掛けられた数値が、構造設計上の耐力壁の長さです、
実際の壁の長さが1mの場合、筋かいでを使用して係数2倍として耐力壁の長さは2mとなります。
耐力壁
住宅の内部の筋かい設置の状況です。
バツ印で両方に筋かいが設置される場合は、耐力壁の係数は2倍となります。
耐力壁
筋交い部の端部には筋かいプレートで固定されます。
幸せ家造り工房のメタル工法では、ホールダウン金物はHDPになる為、柱脚部には表れません。
その為、大切な柱の柱脚部の断面欠損を最小限にする事が出来ます。
一般の木造在来工法では、ホールダウン金物が取付けられる柱脚部には、太いボルト(ビス)でホールダウン金物と柱脚部とを接合する事になります。
耐力壁
外壁部の外周部には、耐力壁面材であるダイライトが施工されます。
耐力壁面材の施工では、施工の為の釘ピッチや打ち込み強度等が正しくされて初めて、本来の強度が発生します。
耐力壁の工事では正しい現場監理のもとに正しい施工をする事が大切です。
幸せ家造り工房では、地震に強い家造りの為に厳しい構造計算の基準を課しています。
その為に、耐力壁面材と筋交いを併用したハイブリッド工法での高耐震の安全で安心な家造りを実現しています。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop