blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

時には引き揚げさせる時もあります

今日は、久々にカミナリを落としました。
家造りの現場監理の場所です。
(^_^;)仕事をしている業者さんにではありません。
資材を運んできた運送業者さんにです。
建築資材を現場へ搬入する場合、資材業者さんによって小分けで搬入される場合と、資材メーカーから直送で運送業者さんからによる場合があります。
資材メーカーから直送する場合は、搬入する車両の大きさも指定する事になります。
資材メーカーと提携しているハウスメーカーさんの場合は、現場経費を削減する為に、運送業者さんの大型の車両で、住宅用の資材を各メーカー合わせていっぺんに運ぶ事もされます。
大型車両で運ぶ回数を減らせば、ハウスメーカーの負担する現場経費が削減されるわけです。
幸せ家造り工房の場合は、資材業者さんと搬入計画を打合せをして、家造りの現場の立地条件に合わせて、運搬車両を指定して、いっぺんに運ぶのではなく、数回に分けて運びます。
もちろん、この時に必要となる運搬作業の為の現場経費は、お客様が余分に負担するのではなく、幸せ家造り工房の現場監理の為の決められた経費の中で負担しますので、何回に分けて資材を運んでも、お客様の負担にはなりません。
今日は、メーカーから直送される住宅資材の搬入だったのですが、運送業者さんの車両が指定した車両ではなく、もっと大型の車両でした。
ハウスメーカーのように現場立地条件を考慮しない会社都合の資材運搬業務は許していません。
大型車両で分譲地内に侵入すれば、御近所の方々に御迷惑をかけてしまいます。
カミナリを落として、速攻、資材を積んだまま引き揚げさせました。
(-“-)どうも、運送業者さんは御近所に対する運搬車両の駐車による迷惑を「しかたない」と自分の仕事優先の感がある・・。
(事務所前の駐車場も、よく関係のない車両がとめられています)
後日、指定した車両で再度、運ぶように関係者に徹底するように(場合によっては出入禁止です)のカミナリです。
幸せ家造り工房の家造りの仕事では、御近所に御迷惑をかける事は一番してはいけない事です。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop