blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

施工限界を超えています

今日は、家造りの現場で外装材メーカーさん立会いで検査をしていました。
設計及び現場監理者の幸せ家造り工房と外装施工業者さん、外装材メーカーさんの3者の立場での現場施工検査です。
メーカー立会い検査
幸せ家造り工房の設計・現場監理者として先頭に立って、外装材各所を点検しながら施工業者さんが後ろについて処理していきます。
今日は、グルグルと住宅廻りを2周していました。
先に外装メーカーさんが住宅の外装状況を検査してからの幸せ家造り工房の検査と処理の様子を見ていて、外装材メーカーさんが一言。
「この外装材の工事の施工限界を超えた検査ですよ。」
なぜ?この住宅工事の現場で、施工にも材料にも問題なく綺麗に仕上がっているのに、そこまで検査をするの?と聞かれてしまいました。
もちろん、理由はお客様の信頼に応える為です。
家造りの工事は、工場で出来たモノをそのまま置いて終わりというモノではありません。
資材の形で住宅工事現場に運ばれ、職人さんの手によって加工され、施工されます。
敷地の立地条件、施工環境、天候、季節・・・そして職人さんの技術によって、同じ資材で同じモノを造り上げても、その出来が変わる事は決して少なくありません。
だからこそ、家造りの工事では、お客様の満足するモノを造り出す事が大切なのです。
お客様の満足の為に、それがその資材の工事の施工限界を超えている事を知っていても、更にその上を求めて実践しているのです。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop