blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

敷地調査では

今日も毎日の家造りの現場の現場監理に勤しんでいました。
家造りの現場のある分譲地内の道路掃除は、もう日課です。
道路掃除後は、本来の現場監理業務として、大工さんと資材メーカーさんとの立会いで現場内での資材の打合せの2回目です。
前回の打合せ内容に間違いがないか?
一つ一つの資材を住宅工事の現場と設計図書と資材資料とで照らし合わせて確認・打合せを繰り返します。
もう一軒の家造りの現場では、幸せ家造り工房の住宅工事としては完了して、お客様が手配されて外構工事が始まっています。
その外構工事の状況も、家造りの活動の一環として確認させて頂いています。
毎日の家造りの現場の現場監理以外にも、お客様の為の家造り為の活動もあります。
敷地の調査もその一つです。
今日は、お客様の同意を得て、法的な登記事項の調査です。
土地の権利等を表す登記事項の調査は、その地域の法務局でおこないます。
土地の情報
法務局で調査する事項は字絵図(公図)の調査から始まります。
字絵図は、登記上の地図です。
土地は、登記上で現地では一つの土地に見えても、いくつかの筆に分かれている場合、反対に、いくつかの土地に分かれているように見えて一つの筆の土地があります。
目的である敷地の土地の本当の所在地番、形状を知る必要があります。
字絵図によって、目的である土地の所在地番が判明したら、その土地に対する登記事項証明書を調べます。
登記事項証明書には、地目・地籍・権利等が明記されています。
地目が宅地であるか?が、家造りでは重要になりますが、その土地に対する権利者等の詳細な記述もある為、正しい情報の取扱いが出来る事が、このような調査業務では重要です。
このような登記事項を見る事は、現状、誰にでも?出来るシステムとなっており、調査をする者の氏名と住所を書くだけで出来きます。
経験された方ならわかりますが、その時は身分の証明をする必要もない為、調査をする者の倫理の問題にもなってしまいます。
不動産に関する登記事項は、多くの大切な情報が記されている為に、その取扱いは、とても慎重にならなくてはいけません。
幸せ家造り工房では、事前の土地調査や住宅設計・積算や御相談は、お客様が正しい家造りを知って頂き、家造りは幸せになって頂く方法であるという考えから、それに対する費用は一切頂いておりません。
実際に費用が発生するのは、御契約をされて工事が実際に始まってから、実際に住宅工事に関する費用だけを頂いています。
これは、幸せ家造り工房の植田自身が、御相談のお客様に対して対応させて頂き、現地調査をさせて頂き、住宅の設計・積算をさせて頂いている為、外注で設計をしてもらうようなシステムをとっていない為です。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop