blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

手間を掛ける想い

昨日の夜に、御相談中のお客様の為の積算の為に必要な設計図書を作成していました。
昨年末に続いて、2回目の設計図書の作成です。
9日の成人の日にお客様と打合せをさせて頂いてからの家造りのプランの作成です。
今日の午前中は、作成した設計図書に基づいた住宅原価の積算です。
お客様の為のより良い家造りの御提案では、何度も打合せ・設計図書の作成・積算・打合せ・・というサイクルが繰り返されていきます。
この方法は、非常に手間を掛かる家造りの計画の方法です。
間取りプランだけで2週間必要という従来の住宅会社のような営業マンの作るプランや下請けの設計事務所に依頼するプラン作成では、このようなお客様との打合せを何度も繰り返しながら計画を進める方法では、難しい方法です。
お客様との打合せから設計積算、その後の現場監理まで一貫してマンツーマンでやっていく家造りの方法です。
お昼からは現在進行形の家造りの現場の現場監理です。
今日は、お客様との家造りの現場での現場打合せです。
現場打合せを繰り返す
家造りの現場で実際の住宅工事の現場に立って、お客様御家族と一緒に打合せを繰り返していく方法も大切なお客様とお客様御家族の為の良い住宅の実現の方法です。
家造りの現場でのお客様との現場打合せは、住宅工事の進行状況に合せてお願いしています。
今日の打合せの主な内容は、内装の仕上げや電気照明器具についてです。
また、実際の現場に立って頂いての収納の構成の確認と打合せも随時おこなわれていきます。
家造りの工事で使用される資材は定尺の決まった大きさで搬入されて、住宅の仕様に合わせて大工さんが加工していきます。
その際に、資材の残りの部分が発生します。
資材の残りの部分によっては、それを利用して大工さんが一手間掛けて、お客様が生活の為に有効に利用出来る棚や収納部材を造る事も出来ます。
一手間を余分に掛けるというおこないも、より良い家造りを実現する為の方法です。
そういった、お客様に対する気配りや心遣いの提案も家造りの現場での現場打合せでは提案される事もあります。
より良い家造りの為に、計画の段階でも、実際の住宅工事の段階でも、お客様とお客様御家族が幸せに暮らせる方法を何度も考え提案させて頂き、打合せを繰り返して、お客様とマンツーマンで実現していきます。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop