blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

御相談日と現場監理

土曜日と日曜日は、お休みのお客様が多くなる為に、家造りの御相談日となる事が多くなります。
今日も家造りの御相談の為に、お客様と面談打合せでした。
午前中は、大垣市綾野町のお客様のお宅で打合せです。
お客様から御希望の住宅プランの修正した設計図書とそれに対応した積算書もお渡しをしました。
お客様御家族が納得できるまで、何度も何度も設計図書と積算書が作成され、お客様のお手元に渡ります。
家造りのプランが固まったら、再度、敷地の測量として測量士さんにお願いをして正式な土地の測量図を作成します。
以前の測量は、テープ測量での実地測量でしたので、今回は測量機器を使用しての測量になります。
同時に、行政サイドとの住宅計画に対しての打合せもされていきます。
お昼からは、幸せ家造り工房の事務所で、これから家造りの計画が始まるお客様と土地家屋調査士さんも交えて、土地に必要な申請に関する打合せをしました。
土地に関する規制は非常に多くあります。
家造りが実際に始まるまでには、事前に土地に関する許可申請が必要となるケースも多くあります。
その為に、家造りの計画の初期の段階からお客様自身が正確に情報を把握して頂く為に、申請に関わる多くの情報を打合せをしていく必要があります。
このようなアドバイスを初期の段階からする事によって、お客様自身の家造りに対するライフプランを正確に知る事が出来ます。
住宅営業では、先に契約をする事を優先事項とする傾向がある為に、このような家造りの計画に大きく関わる情報を後回しにしたり、知っていてもあえて言わずに後になって、コレコレの理由の為にこのような申請・工事が必要になります・・・という事が多々あってしまいます。
事前に知っている事と後で知る事では、家造りの計画・ライフプランが大きく変わってしまいます。
常に、家造りとライフプランの為に必要な正しい情報を正しい形でお客様に伝える事は大切な事です。
お客様との御相談日でも、家造りの現場の工事は進行しています。
家造りの工事がある日は、相談日でも家造りの現場の現場監理も当然おこなっています。
家造りの工事があるの毎日の家造りの現場の現場監理は、お客様との大切な約束です。
現場監理
快晴のお天気の中、住宅の外壁部には大切な防水の為の工事がおこなわれました。
窓サッシ部や換気ダクト廻り等には防水テープが貼られ、外壁部に防水紙が施工されました。
省エネ等級4のWB工法の施工ルールに従って、防水紙の重ねしろ部に気密テープが貼られます。
現場監理
住宅内部には、壁部・屋根部にも断熱材が施工されました。
屋根に施工された断熱材には、外気部に通気の為の通気層が確保されています。
これからの家造り。
現在進行中の家造り。
そして、住宅が完成して住まわれている家造り。
幸せ家造り工房の家造りの活動は、お客様の為の家造りとして休みはありません。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop