blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

家造り御相談の一日

今日は、家造りをお考えのお客様の御相談の一日となりました。
午前と午後、併せて3組のお客様とお会いしてお話しをさせて頂いています。
3組のお客様とのお話しで、そんなに時間が掛かるの?
と、思われるかもしれませんが、家造りを考えれているお客様はみんな一生懸命です。
お相手をさせて頂く自分も一生懸命に、その熱い想いにお応えします。
だから、一日めいっぱいの時間を掛けさせて頂いてのお話しです。
家造りは、家造りをする人毎に求めるモノ、希望される事、条件・・・が、まったく違います。
家造りは同じモノは、この世の中に一つもありません。
敷地に合わせて、気に入ったプラン集から見繕って、計画決定!では、工事の段取り・・・という事は絶対にありません。
お客様の想いを一つ一つ聞いて、何を優先して家造りを計画を進めるのか?
求めるモノによって家造りでの住宅の手法も違います。
現在の土地の状況の確認も大切です。
実際の土地の状況、法規制、住宅を建てるまでに何が必要となるか?
まずは、現地に立って、その土地を体験する事から始まります。
家造り御相談
同時に住宅取得の為の資金計画も考えなくてはいけません。
住宅の取得の為の資金計画では、住宅融資の方法を考える事から始まります。
大切な事は、いくら借りられるか?ではなく、いくらの返済額であれば安全なライフプランが出来るか?いう事です。
多くの人が、ここで住宅営業の手段としてのいくら借りられるか?から始めてしまうという最初のボタンの掛け違いをしてしまいます。
家造りは、住宅を建てる事を目的としないでください。
家造りは、住宅を建てて住む事によって、豊かで幸せに家族で暮らせる方法と考えてください。
家造りの熱い想いが込めれた家造り御相談の一日です。
・・・お客様の御相談とは同時進行で毎日の家造りの現場の現場監理もお客様とのお約束通りに続けれています。
断熱材の施工
お客様との御相談のお話しが終わったら、現場監理の活動です。
今日は、WB工法の省エネ等級が最高等級4を実現する為の断熱材の施工がされています。
WB工法の特徴である壁内の通気層を確保しながら、住宅の躯体内の通気の為の空気の流れを配慮しての断熱材の施工です。
躯体内の空気が籠らないように躯体内の通気層を確保しながらの正しい知識のよっての正しい施工方法がとられています。
どのようなすばらしい工法でも、それが正しい方法で成されなくては、その性能は発揮出来ません。
その為の毎日の家造りの現場の現場監理です。
正しい家造りは、正しい家造りの計画で始まり正しい施工が成されて住宅が出来上がり、一生のお付き合いとしてのアフターフォローがされていきます。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop