blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

基礎コンクリート打設です

昨日、リストスペース住宅の瑕疵担保責任保険の基礎の配筋検査が終わりました。
もちろん合格で次の工事の工程に移れます。
住宅工事では現場検査では基本的に検査員の方が目視で設計図書とおりに施工されているかを検査します。
その為、検査するべき個所が目視検査出来ないように隠れてしまう次の工事の工程は検査が合格するまでは進む事は出来ません。
円滑な住宅工事の為に、工事の工程管理と検査の日程管理は非常に重要な現場監理のポイントとなります。
今日は、心配されていたお天気ですが、青空の快晴です。
お天気によっては、屋外での工事の場合、その日の工事を実行するか?を当日の朝に決定する必要があります。
基礎工事
朝から、基礎スラブのコンクリートの打設工事を開始です。
最初の仕事は設計管理者としてミキサー車で搬入されたコンクリートの品質の確認です。
気温による温度補正を配慮した指示通りの品質のコンクリートが搬入されているかを確認します。
適正な強度の品質のコンクリートです。
コンクリートの品質の管理は正しい家造りには非常に重要で住宅の安全性に直接影響をします。
コンクリートの強度の品質は、コンクリートの価格に比例をします。
価格ばかりを追い求める家造りの結果は見えない箇所の住宅の安全性に影響を及ぼす危険がある事を知っておいてください。
現場監理能力の著しい低下による現場監理者不在の住宅の工事の現場で施工能力の低い職人さんによる性能の低い資材を利用しての家造りの工事。
実際に完成したら見えなくなってしまう工事の住宅工事では、良い家造りの為の信頼できる現場監理のもとの施工能力の高い職人さんによる性能の高い資材を利用しての家造りである事が重要な事です。
基礎工事
ポンプ車のオペレーターによって打設されて高品質のコンクリートは、信頼できる基礎業者によって十分に充填される作業がなされた後、表面をきれいにコテで仕上げられます。
コンクリート打設後は基礎の型枠にそって水糸がひかれて、コンクリートの打設による圧力で型枠に影響が出ていないかも十分に点検されていきます。
今日は、各家造りの現場の現場監理後、名古屋で正しい家造りの活動の会議です。
より良い家造りの実現の為に、常に積極的に活動がなされていきます。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop