blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

土台伏せの工程が終わるまで

幸せ家造り工房の標準的な仕様の住宅は高耐震メタル工法と通気断熱WB工法のハイブリッド工法の住宅です。
その為、一般的な木造在来工法の住宅に比べて、工事の工程が多いのが特徴になります。
上棟工事の準備も一般の木造在来工法であれば、基礎に土台を伏せるまでが工事の工程です。
幸せ家造り工房の住宅では、上棟工事の準備の土台伏せも1階の床ステージが出来るまでの非常に技術の高い精度の必要な工事の工程の多くなります。
土台伏せ
今日は、外気に面する気密処理をした土台にWB工法の形状記憶合金を使用した通気装置のバリアヘルスの設置から始まります。
写真でもわかるように、非常に多くの通気装置を外気に面する土台にグルリと囲むように設置さいれます。
断熱材
高耐震メタル工法では、床剛性を高くする為に使用する木材も多くなるのが特徴です。
土台と大引きで組まれたマスにWB工法の特徴である断熱材を敷き込みます。
基礎外周部にも断熱材が施工がされている2重の断熱工法になっています。
また、床下の断熱材には、通気層が確保されるように施工されます。
清掃活動
工事の施工中も現場監理の業務として清掃活動にも励んでいます。
幸せ家造り工房の家造りの現場内以外でも、お隣や周辺の土地のゴミ拾いも日課になっています。
ライブシステム
工事ライブシステムも家造りの現場には設置されています。
現在は、立地条件から御近所の配慮の為に可動する事は避けている工程になっています。
御近所の配慮への問題が無くなった時点で、工事ライブ中継が可動出来るようになっています。
家造りの工事での御近所への配慮は、これから、この土地に住むお客様御家族の為には大切な事です。
床パネル
厚28ミリという非常い分厚い床パネルが施工されます。
耐震性の高いと言われる一般的なツーバイフォー工法の住宅で12ミリの床パネルを使用するという事で、幸せ家造り工房の強い住宅へのこだわりがわかると思います。
これによって、非常に強い床剛性が実現されます。
また、床パネルで施工する方法は工事中の安全対策にも役立ちます。
安心で安全な家造りの実践です。
養生
出来上がった床ステージの上に保護シートで養生をします。
養生
更にその上にブルーシートで養生をして、工事中の住宅を非常に大切に扱う事を実践していきます。
良い家造りの実践は、良い家造りをするほどに手間が掛かっている事になると言って良いでしょう。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop