blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

優良住宅ねっと中部

今日は、午前中に毎日の家造りの現場の現場監理・お客様と施工業者さんの現場打合せ立会い後、名古屋へ移動です。
場所は、名古屋国際会議場です。
名古屋国際会議場
今日の目的は、「優良住宅ねっと中部」設立の説明会の為です。
住宅行政は、平成18年の住生活基本法の制定によって、量から質へと大転換しました。
平成21年には長期優良住宅の普及の促進に関する法律の施行による木のいえ整備促進事業(いわゆる長期優良住宅における補助金制度)が利用されるようになりました。
そして、平成23年3月、新たな住生活基本計画を閣議決定された流れにともなう地域住宅ブランド化事業に対応する事業者団体の設立です。
今後は、長期優良住宅における補助の利用は、優良住宅ねっと中部等の事業者団体の事業となります。
優良住宅ねっと中部の設立は、長期優良住宅の補助に目がいきがちですが、住宅リフォーム工事に対しても大きな利点があります。
リフォームポイント
上記の資料は、昨年に制度化が中止となったリフォームポイントの制度の資料です。
(中止となった大きな理由は昨年の震災の復旧事業の為です)
この資料の中で、リフォーム瑕疵保険の加入義務付化について述べられています。
リフォーム瑕疵保険は、新築住宅時における瑕疵担保責任保険と同様に、リフォーム工事をされる方の為の保証制度で、住宅リフォーム工事で問題となっている悪徳業者の排除も目的とされています。
新築住宅における完成保証制度と同様に、リフォーム瑕疵保険が利用できる業者か?が、信頼できるリフォーム業者の選択肢になるわけです。
今後住宅リフォーム工事業界では、このリフォーム瑕疵保険が新築住宅と同様に事実上の義務化がされるとされています。
ただし、現状はリフォーム瑕疵保険は保険代の負担の問題もあって普及が進んでいないのも事実です。
しかし、今回の優良住宅ねっと中部の設立によって、加盟する住宅リフォーム業者によってリフォーム瑕疵保険を利用する場合は保険料の割引も適用されます。
(ちなみに新築住宅における瑕疵担保責任保険も保険料の割引が適用されます)
工事代金300万円以下 支払限度額100万円以下で
構造と雨水の侵入に適応しないリフォーム工事の場合(検査1回)
保険料(通常)35,200円が16,000円となります。
また、あまり知られていませんが今回の「復興支援・住宅エコポイント」を活用した場合、
リフォーム瑕疵保険加入の場合、10,000ポイント加算される事を知っておいてください。
優良住宅ねっと中部に加入する事業者は、リフォーム瑕疵保険の利用出来る事業者に限定されている為、優良住宅ねっと中部に加入している事業者=リフォーム瑕疵保険利用が出来ると第3者保証機関の厳しい審査に合格した事業者であるという事になります。
優良住宅ねっと中部は4月より事業が開始される予定です。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop