blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

何度も検査が繰り返されます

心配していたお天気も青空が見える日になりました。
今日は、基礎の立ち上り部のコンクリート打設です。
早朝、先に家造りの現場に到着して昨日設置したアンカーボルトの検査をします。
アンカーボルトの一本一本を基礎伏図と照合して間違いがないかを入念に検査。
次は、ミキサー車で納品されたコンクリートが指示通りの仕様であるかも検査します。
現場監理と設計管理業務の検査が終わって、コンクリート打設の作業開始です。
コンクリート打設
ポンプ車のオペレーターがコンクリートを打設した後、基礎業者さんがバイブレーターで充填させていきます。
コンクリート打設後。天端を金コテで均したらレベラー施工用の資材を埋め込んでいきます。
基礎のコンクリート打設作業では、1台のミキサー車だけでは、必要なコンクリートをすべて運ぶ事は出来ません。
何台ものミキサー車がコンクリートを順番に運んでくるために、御近所の方々に御迷惑をかけないような配慮を必ず出来るように運搬計画をたてます。
そして、それが適切に実行されているかも現場監理時に検査がされてから実施されます。
コンクリート打設
基礎のコンクリート打設、打設時に埋められたレベラー施工用の資材の一個一個を測量機器で測量して正確な水平基準の出します。
そして、基礎の上端部の水平にする為のレベラーが施工されてコンクリート打設作業は終了します。
この作業中も何度も現場立会いの施工の検査をしています。
これから、コンクリートが十分に所定の強度が発生するまでの養生期間となります。
幸せ家造り工房の家造りの工事では、家造りの工事中、何度も何度も、現場監理と設計管理業務の為の検査が繰り返されて工事が進行していきます。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop