blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

住んでから反省しない為に

成功する家造り
家造りでは、実際に住宅が建って住み始めてから「しまった!」という事があります。
住んでから反省しない為には、
決して他人の意見で決めるのではなく、住む自分達の為の住宅である事を念頭に家造りを決めてください。
住宅を建てる事を目的としないでください。
建てた住宅に自分達家族が幸せに住む事を目的としてください。
家造りの反省点には間取り等の反省を巷で情報で知る事が出来ます。
でも、あまり知られていませんが、一番あってはならない反省が家造りの予算がオーバーしたという反省です。
家造りの当初、住宅営業マンがあなたに提示する住宅取得の為の予算には住宅が建って住める状況までの本当に必要な予算が提示されているか確認してください。
他社よりも安く見せる為に省かれている予算があるかもしれません。
住宅を建てて住む事で家造りがゴールとは考えないでください。
住宅の維持とメンテナンスの為の費用も必要になります。
毎日の生活で15坪のマンションと40坪の住宅で生活する電気代は大きく変わります。
また、メンテナンスがいきとどいた住宅とそうでない住宅ではその後の住宅に大きな違いが出ます。
住宅の取得の為の費用の上限をしっかりと決めてください。
住宅の取得の為に住宅融資を組む時に、あなたの予定以上の借りる事が出来る上限までの融資を組むことを勧める住宅営業マンも存在します。
借りれる金額が(無理なく)返せる金額ではありません。
家造りは、あなたとあなたの御家族が幸せに住む為の方法です。
実際に住宅が建って住み始めてから「しまった!」という事があってはいけません

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop