blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

今日も現場立会い

昨晩からの雪で朝は一面銀世界です。
でも、今日の雪は湿った雪ですので積もるのも早かったけど溶けるのも早い雪でした。
朝、事務所の雪かきをしていても道路の雪は、すぐに溶け始めていました。
そんな雪でも、朝の道路は大渋滞でした。
雪です
雪で大渋滞の中でも、家造りの現場の現場監理に休みはありません。
リストスペース住宅は、昨日から引き続き基礎の養生中です。
養生中の基礎にはブルーシートが全面に掛けられています。
ウッドスペース住宅の家造りの現場では、今日もお客様との現場立会いで詳細な打合せや点検をさせて頂いていました。
家造りの現場では、お客様の視点に加えて、今までの長い年月の家造り経験からの家造りに携わる設計者としての視点、経験豊富な施工業者さんの視点等があります。
それぞれの立場に視点に立って実際の現場に立って打合せをする事でより良い住宅の実現の為の家造りがされていきます。
人は、立つ位置によって視界が変わります。
同じ位置に立っても、立つ高さによっても見えるモノは変わります。
更地の状態で敷地内に立って見る光景と同じ位置に壁が建って窓から見える光景も違います。
更に、立場によっても見えるモノは変わっていきます。
現場立会いでの打合せでは、自分の目に映るモノ、自分は気付かなかったとしてもヒトの目には映るモノ、いろいろな視点で知る為に、同じ箇所での打合せでも工事の進行に合わせて何度もその場に立って打合せをする事をお勧めします。
今日のような雪の日と晴天の日、雨天の日でも、天候によって目に映るモノは違います。
新たな発見・新たな可能性を見出す事があるかもしれません。
家造りでは労力を掛ける事に無駄な事は一つもありません。
何度も何度も、違う時間・違う工程時・違う業者さんの視点でのお話し・・多くを体験して打合せをして工事を実行してください。
一つの事を、一つの時間帯だけで決定しない。
家造りの現場での現場立会いを何度も実践する事をお勧めする理由です。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop