blog

新着情報&ブログ

2006年1月23日

ブログ

デザインには意図がある

今日も寒い一日でした。
この頃は、ジャケットを着て仕事をしていたので鞄の中に携帯用の袋に丸めてしまっていたモンベルのインナーダウンを引っ張り出してジャケット下のミドルレイヤーに復帰させました。
このインナーダウンはファスナーの代わりにボタンでパチンと留めるタイプです。
登山用品を扱うアウトドアメーカーのダウンにしては珍しい形です。
インナーダウン
なぜかな?
ジャケットの下に着込んでボタンを留めたり外したりしてわかりました。
これは着方を遊ぶ為です。
ファスナーじゃないから隙間風が入るとか、防寒性が落ちるという使い方を考えてはいけないウェアーだという事。
本来のアウトドアウェアーでは、ダウンは活動の為ではなく休息時に羽織るウェアーだから遊びがあっても良いのでしょう。
ウェアーのデザインにもデザイナーの意図があるのですね。
家造りの日常では、次回の打合せ時にお客様にお渡しをする設計図書と積算書をもう一度再検討をしていました。
幸せ家造り工房での家造りでは、住宅の間取りや計画・デザインにも必ず意図があって成されています。
お客様の為の家造りでは、御希望・用途・機能の為のデザイン手法と魅せる為のデザイン手法があります。
両者のバランスをとって、より良いお客様の為の住宅の計画が成されます。
今日は、各業者さんにお願いをしていた調査と積算の資料が揃ったので、今まで作成した積算を完了させる事と、更に、お客様の御希望をより良く実現する為の住宅デザインからの再検討をしていました。
その為、もう一軒分の設計図書と積算書を作成です。
お客様の為のより良い住宅の実現の為に、手間暇を惜しんではいけません。
なぜ、このような住宅のデザインがされているのか?
その住宅デザインには、意図があるのです。
地盤改良工事
家造りの現場の現場監理も休みはありません。
現在の家造りの現場は2現場です。
現在、住宅内部の造作工事中の家造りの現場では、仕事をしている大工さんと工事の為の打合せを入念に繰り返しています。
地盤改良工事の家造りの現場では、工事中の養生状況も何度も確認していきます。
地盤改良工事の仕様は、湿式柱状改良工事です。
施工の為の重機の敷地への出入りも御近所の配慮に心掛け、工事をする業者さんにも声を掛けます。
作業後は、清掃活動をしっかりとやっていきます。
現場監理が終わって事務所に戻りました。
これから、別件の御相談中のお客様の為の設計図書の作成です。

メール

資料

モデルハウス

アクセス

pagetop